アメリカの対外戦略概要とその評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数573
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     現在のアメリカのブッシュ政権は新保守主義(ネオコン)者が主導権を握っている。世界が、多国間条約を結んで国際秩序をつくることを重視する国際協調主義に対して、アメリカの一方的単独行動(ユニラテラリズム)のみで国際紛争の解決を図ろうとしていた。だが、9.11テロ以降ブッシュ政権はテロへの報復攻撃を有効に進めるために、諸外国との協調を図らざるをえない立場にあり、ユニラテラリズムはやや後退したかにみえた。
     9.11テロ直後から、事件の犯人をイスラム原理主義過激派によるテロと断定していたが、事件の首謀者としてオサマ・ビンラーディンを特定し、ブッシュ政権はビンラーディンを逮捕して国際テロ組織の壊滅を図る決意を表明した。ビンラーディンをかくまっているとみられるアフガニスタンのタリバン政権に軍事的攻撃を加え、これを崩壊させた。この軍事的攻撃をアフガニスタン侵攻という。しかし、アメリカが単独でイラク戦争を実行するに及んで、単独行動主義は再び強まった。
     イラク戦争とは、イラクの武装解除とサダム・フセイン政権打倒を目的としていた。その大儀とはイラクが国連決議を無視して開発、保有しているという核兵器はじめとした大量破壊兵器(WMD)により、国際テロを支援する国家イコール悪の枢軸の一つと位置づけ、その武力廃絶を、自由や人権、民主主義を擁護するとの名目のもと、対テロ国際統一戦争という形で遂行しようとした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アメリカの対外戦略概要
    現在のアメリカのブッシュ政権は新保守主義(ネオコン)者が主導権を握っている。世界が、多国間条約を結んで国際秩序をつくることを重視する国際協調主義に対して、アメリカの一方的単独行動(ユニラテラリズム)のみで国際紛争の解決を図ろうとしていた。だが、9.11テロ以降ブッシュ政権はテロへの報復攻撃を有効に進めるために、諸外国との協調を図らざるをえない立場にあり、ユニラテラリズムはやや後退したかにみえた。
    9.11テロ直後から、事件の犯人をイスラム原理主義過激派によるテロと断定していたが、事件の首謀者としてオサマ・ビンラーディンを特定し、ブッシュ政権はビンラーディンを逮捕して国際..

    コメント1件

    yoshi0817 購入
    d
    2007/01/09 4:43 (9年11ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。