社会福祉援助技術としてのケアマネジメントの意義について

会員5,400円 | 非会員6,480円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数2,587
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ケースマネージメントとは、多様化・複合化した今日の福祉ニーズに対応するため、公私の福祉サービスを調整し提供する個別援助技術のことをいう。社会福祉施策が従来の施設福祉から地域福祉、在宅介護に移行する中でケースマネージメントの必要性が問われてきた。しかし、今日の福祉サービスでは、専門化や細分化してきているために利用者は、それぞれの専門機関で援助を受けなければならない。そこで、一つの窓口で様々な福祉サービスを調整して提供するケースマネージメントが重要となってきている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ケースマネージメントとは、多様化・複合化した今日の福祉ニーズに対応するため、公私の福祉サービスを調整し提供する個別援助技術のことをいう。社会福祉施策が従来の施設福祉から地域福祉、在宅介護に移行する中でケースマネージメントの必要性が問われてきた。しかし、今日の福祉サービスでは、専門化や細分化してきているために利用者は、それぞれの専門機関で援助を受けなければならない。そこで、一つの窓口で様々な福祉サービスを調整して提供するケースマネージメントが重要となってきている。
    高齢者の在宅ケア推進の拠点、また住民に身近なケースマネージメント機関として、在宅介護支援センターがゴールドプランに登場したのは198..

    コメント4件

    toratora 購入
    参考になりました
    2006/08/31 3:01 (10年3ヶ月前)

    naitu23 購入
    とても参考になりました。
    2006/12/12 21:51 (10年前)

    hinafumi 購入
    参考になりました
    2006/12/19 15:43 (10年前)

    hanamikan 購入
    参考に致します。
    2007/05/15 3:57 (9年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。