現在社会におけるコミュニティについて

会員5,400円 | 非会員6,480円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数776
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    戦前の農村社会は、「家」を単位としていた。家は日常生活の単位であり、子供を育て高齢者を守り、病人を介護する相互扶助の単位でもあり、イエとムラは人々の生活の基本となっていた。社会福祉制度がととのはない時代には、人々の生活は地域社会によって支えられていた。
     1995年頃から、労働力需要の増大や都市と農村の所得格差の拡大が、農村人口の都市への流出を促すようになる。1970年には第1次産業に従事する人口は約17%まで減少し、山村などでは人口の過疎化・高齢化が加速し、農村社会が備えていた伝統的な相互扶助機能が失われつつある。
     一方、都市には人口が集中し過密化が進んでいるが、住民間の共同意識や活動が乏しくなったと指摘されている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    戦前の農村社会は、「家」を単位としていた。家は日常生活の単位であり、子供を育て高齢者を守り、病人を介護する相互扶助の単位でもあり、イエとムラは人々の生活の基本となっていた。社会福祉制度がととのはない時代には、人々の生活は地域社会によって支えられていた。
    1995年頃から、労働力需要の増大や都市と農村の所得格差の拡大が、農村人口の都市への流出を促すようになる。1970年には第1次産業に従事する人口は約17%まで減少し、山村などでは人口の過疎化・高齢化が加速し、農村社会が備えていた伝統的な相互扶助機能が失われつつある。
     一方、都市には人口が集中し過密化が進んでいるが、住民間の共同意識や活動が乏し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。