障害児・者の事例検討

会員5,400円 | 非会員6,480円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,383
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    Sさんは現在20歳の男性で、知的障害者更生施設に入所している。
     「機能障害」は重度の知的障害があり、自閉的傾向がある。
     「能力障害」としては、重度の方ではあるが、ADLについては概ね確立している。自閉的傾向がみられ、トイレットペーパーを使わず手拭きのタオルで拭く等の行為がある。指摘されると爪はぎなどの自傷行為が時々みられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Sさんは現在20歳の男性で、知的障害者更生施設に入所している。
    「機能障害」は重度の知的障害があり、自閉的傾向がある。
    「能力障害」としては、重度の方ではあるが、ADLについては概ね確立している。自閉的傾向がみられ、トイレットペーパーを使わず手拭きのタオルで拭く等の行為がある。指摘されると爪はぎなどの自傷行為が時々みられる。
    「社会的不利」としては家庭機能の低下があげられる。父親はやさしい性格であるが、本人の障害に対しての理解が不足している。養育も母親にまかせきりの状態であった。母親とは再婚であり、自分の連れ子ということもあり母親に気がねしている。自営業であるが最近は仕事が減ってきており、経済..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。