自身の実践事例について

会員5,400円 | 非会員6,480円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数477
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    Mさんは26歳の女性で、現在、知的障害者更生施設に入所している。家族は高齢の両親と弟、妹がいる。弟、妹は二人とも大学在学中に、精神的に不安定になり大学を中退しており、現在も精神科に受診している。
     ?障害状況は自閉症を伴う重度の知的障害がある。情緒不安定になりやすく、破衣や大声を出したり、顔を叩くなどの自傷行為もみられる。お茶やコーヒーの要求が強く、要求がかなえられないと不安定になる。コミュニケーションの障害があり対人関係が作りにくい。
     ?二一ズと本人・家族の希望としては、本人の障害が年齢と共にエスカレートしてきていた。家族は頑張って支えてきたが、弟、妹の精神的な障害が出てきたり、両親とも高齢なこともあり、一度に3人の障害者を家庭で養育することは難しくなり施設への入所となっている。本人は、家族のいる家に帰りたいと強く希望している。コーヒーやお茶が好きでたくさん飲みたい。自分の思い通りに生活したいなどである。家族は一緒に生活したいが現在の状況では難しく、面会や帰省などで人との関係を作っていきたいと考えている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Mさんは26歳の女性で、現在、知的障害者更生施設に入所している。家族は高齢の両親と弟、妹がいる。弟、妹は二人とも大学在学中に、精神的に不安定になり大学を中退しており、現在も精神科に受診している。
    ①障害状況は自閉症を伴う重度の知的障害がある。情緒不安定になりやすく、破衣や大声を出したり、顔を叩くなどの自傷行為もみられる。お茶やコーヒーの要求が強く、要求がかなえられないと不安定になる。コミュニケーションの障害があり対人関係が作りにくい。
    ②二一ズと本人・家族の希望としては、本人の障害が年齢と共にエスカレートしてきていた。家族は頑張って支えてきたが、弟、妹の精神的な障害が出てきたり、両親とも高齢な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。