精神保健対策について

会員5,400円 | 非会員6,480円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数631
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    医療対策として精神障害者の入院医療の方法は、任意入院や措置入院、医療保護入院、応急入院、仮入院となっている。精神障害者は、本人に病意識がないことがあるため、適正な医療を確保するために本人の意思に反した入院も必要となることがある。精神保健福祉法においては、精神障害者の人権擁護の観点から本人の意思によらない入院及び入院中の患者の処遇に対し、さまざまな配慮がなされている。
     例えば、患者の人権擁護の観点から精神医療に関し、一定以上の知識や経験を有する医師を精神保健指定医として指定する。措置入院、医療保護入院の場合や患者の行動制限を行う場合には、その診断を必要とするなどしている。また、その他の医療対策としては、精神科救急医療システム整備事業が平成7年度から、精神障害者身体合併症治療体制整備試行事業が平成10年から行われている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     医療対策として精神障害者の入院医療の方法は、任意入院や措置入院、医療保護入院、応急入院、仮入院となっている。精神障害者は、本人に病意識がないことがあるため、適正な医療を確保するために本人の意思に反した入院も必要となることがある。精神保健福祉法においては、精神障害者の人権擁護の観点から本人の意思によらない入院及び入院中の患者の処遇に対し、さまざまな配慮がなされている。
     例えば、患者の人権擁護の観点から精神医療に関し、一定以上の知識や経験を有する医師を精神保健指定医として指定する。措置入院、医療保護入院の場合や患者の行動制限を行う場合には、その診断を必要とするなどしている。また、その他の医療対..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。