介護保険制度の中で求められていることについて

会員5,400円 | 非会員6,480円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数652
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    介護保険制度とは、介護を必要とする人々が、自分の能力を活用しながら自分らしく尊厳をもって生きられるように、社会的に支援するものである。このサービスの主体は利用者であり、利用者自らがサービスを選択し、決定できるようにすることを理念とした制度である。そして、この流れは高齢者はもとより、障害のある人々の支援システムとして定着しつつある。
     21世紀のキーワードは、「優しさ・支え合い」であり、この優しさは介護を必要とする人々や介護者の家族にとって、地域の自立の核になるものである。専門家と地域住民が連携し、それぞれが人生の主人公として主体的に生きなければならない。
     そこで、痴呆性高齢者の介護を例に介護とは何か考えてみる。
     痴呆は、原因によって病状の違いはあるものの、介護の方法は基本的には変わらない。意思表示が適切にできにくい痴呆性高齢者の介護の目標は、身体疾病の予防と早期発見であり、必要に応じて治療に繋ぐことや精神面のストレスを軽減することである。また、保護的な環境の中で残された機能を維持し、人として尊厳のある生活を送り、その人らしい生き方ができるように支援することである。
     この目標を達成するためには、好ましいコミュニケーションを取ることが必要である。そこで、一番注意しなければならないことは利用者(痴呆高齢者)の自尊心を傷つけないことである。痴呆高齢者の失敗行動は、知的な心の動きが衰えた結果として起こり、自分の行動が失敗であるという自覚もないことが多い。また、寸前の行動を忘れてしまうことが多く、叱ったり注意しても意味がなく、かえって叱られた時の屈辱感で、うつ病や被害感攻撃行動などの反応を起こす場合がある。
     痴呆性高齢者の失敗行動は、危険を伴わなければ、「こういう方法もいいですよね。」「これは難しいわね。」などと支援的に関わり、その後、「このようにしたら、いかかですか。」と正しい方法をやって見せる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    介護保険制度とは、介護を必要とする人々が、自分の能力を活用しながら自分らしく尊厳をもって生きられるように、社会的に支援するものである。このサービスの主体は利用者であり、利用者自らがサービスを選択し、決定できるようにすることを理念とした制度である。そして、この流れは高齢者はもとより、障害のある人々の支援システムとして定着しつつある。
    21世紀のキーワードは、「優しさ・支え合い」であり、この優しさは介護を必要とする人々や介護者の家族にとって、地域の自立の核になるものである。専門家と地域住民が連携し、それぞれが人生の主人公として主体的に生きなければならない。
    そこで、痴呆性高齢者の介護を例に介護とは何か考えてみる。
    痴呆は、原因によって病状の違いはあるものの、介護の方法は基本的には変わらない。意思表示が適切にできにくい痴呆性高齢者の介護の目標は、身体疾病の予防と早期発見であり、必要に応じて治療に繋ぐことや精神面のストレスを軽減することである。また、保護的な環境の中で残された機能を維持し、人として尊厳のある生活を送り、その人らしい生き方ができるように支援することである。
    この目標を達成するため..

    コメント1件

    wakabadai 購入
    参考になりました
    2006/09/28 3:47 (10年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。