1963年の老人福祉法について

会員5,400円 | 非会員6,480円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,921
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    老人福祉法成立以前は、困窮の高齢者のみが救護の対象とされ、対象とならない高齢者は、家族などの私的扶養にまかされていた。戦前は救護法により、第2次大戦後は生活保護法で養護施設が規定され、基本的に施設収容の形がとられていました。なお、1956年には、ホームヘルプサービスの前身である「家族養護婦派遣制度」が一部で実施されていまる。
    戦後の家族制度の崩壊など社会構造の変化によって、高齢者をとりまく社会環境が大きく変化した。これにともない、高齢者のための社会福祉サービスや施設の設置・運営などに対する関心が高まった。このような状況を背景に、老人福祉法が1963年に制定された。
     老人福祉法は、1963年の制定以来、何回か改正されている。1990年の改正では、在宅福祉サービスの重視のほか、市町村の福祉サービスの一元化をめざす体制整備を含めた大規模な改正となった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    老人福祉法成立以前は、困窮の高齢者のみが救護の対象とされ、対象とならない高齢者は、家族などの私的扶養にまかされていた。戦前は救護法により、第2次大戦後は生活保護法で養護施設が規定され、基本的に施設収容の形がとられていました。なお、1956年には、ホームヘルプサービスの前身である「家族養護婦派遣制度」が一部で実施されていまる。
    戦後の家族制度の崩壊など社会構造の変化によって、高齢者をとりまく社会環境が大きく変化した。これにともない、高齢者のための社会福祉サービスや施設の設置・運営などに対する関心が高まった。このような状況を背景に、老人福祉法が1963年に制定された。
    老人福祉法は、1963年の制..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。