社会福祉施設の事例を挙げ、処遇向上のための条件としての運営管理について論じよ

会員5,400円 | 非会員6,480円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数611
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    知的障害者の入所更正施設での事例を取り上げていきたいと思う。
     まず、社会福祉施設の意義について述べる社会福祉施設は特殊な人を隔離収容する目的の場ではなく、社会事業法の基本理念にあるように福祉サービスを必要とする人から誰にでも開かれたものであり、ごく当たり前の選択肢の一つとして「生活の場」であるとしたら、その利用者はまさに顧客であり、提供されるものはサービスである。
     今までの施設の役割は「援護、育成または更正の措置を要する」人々を援護して、「正常な社会人として生活することができる」ことを可能にするような社会的組織活動が必要となるが、こうした活動が社会福祉事業であり、社会福祉の目的であった。
     しかし、現在では、福祉サービスの基本理念として重要なノーマライゼーションやコミュニティケアの思想に基づいて社会福祉施設を位置付ける。すなわち、障害を持ったり、自立できない特別な人々として当たり前の権利を無視されたり、その機会から排除されたりすることなく、いかなる障害を持っていようとも社会がその実現を受け入れ、生活の上でも意識の上でも平等であることを実現していく理念である。このノーマライゼーション理念に沿って、社会福祉施設は特殊な人を隔離収容する目的の場ではなく、福祉サービスを必要とする人々にとってごく当たり前の選択肢の一つとしての「生活の場」であり、一般社会から隔絶されることなく地域社会の一員として地域との交流を持ちながら存在していくものという位置付けを目指している。
     したがって、社会福祉施設におけるサービスを在宅福祉サービスの対義語としての入所者サービスに限定して考えるべきではない。入所者へのサービス、地域住民への在宅福祉サービス、社会福祉教育の場の提供等、さまざまな機能を持つ社会福祉施設は、広く地域全体に向けて福祉サービスを提供する使命をもつものである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     知的障害者の入所更正施設での事例を取り上げていきたいと思う。
    まず、社会福祉施設の意義について述べる社会福祉施設は特殊な人を隔離収容する目的の場ではなく、社会事業法の基本理念にあるように福祉サービスを必要とする人から誰にでも開かれたものであり、ごく当たり前の選択肢の一つとして「生活の場」であるとしたら、その利用者はまさに顧客であり、提供されるものはサービスである。
    今までの施設の役割は「援護、育成または更正の措置を要する」人々を援護して、「正常な社会人として生活することができる」ことを可能にするような社会的組織活動が必要となるが、こうした活動が社会福祉事業であり、社会福祉の目的であった。
    し..

    コメント1件

    kphana0608 購入
    こんなに短いとは思いませんでした。
    2006/06/12 22:40 (10年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。