生活習慣病について

会員5,400円 | 非会員6,480円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数667
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    癌、虚血性心臓病、脳血管疾患、高血圧、糖尿、動脈硬化性疾患、アルコールによる肝障害、肥満、高脂血症、高尿酸血症(痛風)など生活習慣の改善が一次予防の重要な要素となる病気を生活習慣病と呼ぶ。中でも癌、心臓病、脳血管疾患は生活習慣病の中でも、死因の上位を占める。中年以降、急に発症率を増し、死亡率も高く、働き盛りの成人と高齢者に多い。
     成人病は癌、心臓病、脳卒中、糖尿病、高血圧症などの、40歳前後から増加する病気の総称で、加齢との関係につけられた用語である。
     生活習慣病は食事・運動・休養・喫煙・飲酒などの生活習慣が発病・進行に関与する疾患群に含まれる。概念では成人病と異なるが重複する病気が多く、実際にはほぼ同義とみなしてよい。予防対策として一次予防の重要なことも同様である。
     生活習慣病増加の要因として、喫煙、偏った食事(塩分・糖分)カロリーの取り過ぎ運動不足、その他の不健康な生活習慣などが指摘されている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    癌、虚血性心臓病、脳血管疾患、高血圧、糖尿、動脈硬化性疾患、アルコールによる肝障害、肥満、高脂血症、高尿酸血症(痛風)など生活習慣の改善が一次予防の重要な要素となる病気を生活習慣病と呼ぶ。中でも癌、心臓病、脳血管疾患は生活習慣病の中でも、死因の上位を占める。中年以降、急に発症率を増し、死亡率も高く、働き盛りの成人と高齢者に多い。
     成人病は癌、心臓病、脳卒中、糖尿病、高血圧症などの、40歳前後から増加する病気の総称で、加齢との関係につけられた用語である。
     生活習慣病は食事・運動・休養・喫煙・飲酒などの生活習慣が発病・進行に関与する疾患群に含まれる。概念では成人病と異なるが重複する病気が多く、..

    コメント1件

    tera 購入
    参考になりました
    2006/11/21 1:00 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。