成人病の予防法の概略

会員5,400円 | 非会員6,480円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数273
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    よく成人病は、慣習病といわれるように、悪い生活習慣の積み重ねが大きな原因と考えられる。栄養のバランス・運動不足・不規則な生活・肥満・ストレスなど、その要因をあげればきりがないように思う。そこで、がんにかからないための予防として一次予防(日常生活での予防)、二次予防(現に今がんにかかっていてもそれで死なない為の予防、すなわち早期発見、早期治療)の二つの方法がある。(1)がんの一次予防としては、がん発生の危険因子を取り除くことが重要である。国立がんセンターは、日常生活の中でできるだけがんの原因を追放していこうということから、がんの予防のための12ヶ状を提唱している。?偏食をせず、バランスのとれた栄養をとる。?毎日変化のある食品をとる。?食べ過ぎは避ける。(摂取したエネルギーに見合った運動をする。)?深酒をしない。?タバコをやめる。?ビタミン・ミネラル・植物繊維を多く含む生野菜・緑黄色野菜などは毎日食べる。?塩辛い食品はひかえ、熱いものに注意する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     よく成人病は、慣習病といわれるように、悪い生活習慣の積み重ねが大きな原因と考えられる。栄養のバランス・運動不足・不規則な生活・肥満・ストレスなど、その要因をあげればきりがないように思う。そこで、がんにかからないための予防として一次予防(日常生活での予防)、二次予防(現に今がんにかかっていてもそれで死なない為の予防、すなわち早期発見、早期治療)の二つの方法がある。(1)がんの一次予防としては、がん発生の危険因子を取り除くことが重要である。国立がんセンターは、日常生活の中でできるだけがんの原因を追放していこうということから、がんの予防のための12ヶ状を提唱している。①偏食をせず、バランスのとれた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。