老人性痴呆の原因と症状について

会員5,400円 | 非会員6,480円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数536
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    人は加齢と共に理解力が低下してくる。その程度に個人差があるが、誰でも起こる老化現象のひとつである。非常に新しいことや、ごく単純なこと、つい先ほど食事をしたばかりなのに「まだご飯を食べていない」とか、家族の名前や顔を忘れたりし始めるなど、病的な階階に入ったら注意する必要がある。痴呆には、アルツハイマー型老年痴呆と脳血管性痴呆の2つがあり、2種類の痴呆の混合型もある。これら3つで老年期の痴呆全体の80〜90%をしめると考えられている。ビタミンB12の欠乏症やアルコール性痴呆など、ある種の病気が原因で痴呆となるものもある。特に日本人に多いのが脳血管性痴呆である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人は加齢と共に理解力が低下してくる。その程度に個人差があるが、誰でも起こる老化現象のひとつである。非常に新しいことや、ごく単純なこと、つい先ほど食事をしたばかりなのに「まだご飯を食べていない」とか、家族の名前や顔を忘れたりし始めるなど、病的な階階に入ったら注意する必要がある。痴呆には、アルツハイマー型老年痴呆と脳血管性痴呆の2つがあり、2種類の痴呆の混合型もある。これら3つで老年期の痴呆全体の80~90%をしめると考えられている。ビタミンB12の欠乏症やアルコール性痴呆など、ある種の病気が原因で痴呆となるものもある。特に日本人に多いのが脳血管性痴呆である。
    ①アルツハイマー型老年痴呆の原因と症..

    コメント1件

    pura48 購入
    非常に参考になりました。
    2006/12/20 10:25 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。