精神障害者を対象としたケースワーク、グループワーク、コミュニティワークの過程

会員5,400円 | 非会員6,480円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数5,218
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ケースワークとは、社会生活を送るうえで身体的、精神的、社会的な要因により、何らかの生活課題に直面している精神障害者や家族に対して、問題解決や課題遂行を援助するために用いられる援助技術である。ケースワークには多くの理論があり、多くのアプローチが存在する。その相談内容には、社会福祉制度の利用や精神障害者・家族を取り巻く生活環境問題など多種多様にわたっている。
     このような相談活動を展開する中で、中核をなす面接の過程を述べる。展開過程は、?援助の開始期?援助の展開期?援助の終結期の3つに分かれる。援助の開始期は、援助者が利用者と出会い、情報収集による問題の明確化や信頼関係の形成を目指し受理面接を行うインテークと、利用者・専門家・利用者を取り巻く環境などを分析し、問題を見付け解決へ結ぶアセスメント、援助の具体的方法を決め、当面の目標を設定するプランニングがある。援助の展開期は、援助者が利用者とその家族、利用者を取り巻く環境の相互関係へ介入し、各自の代弁を行なったり、情報提供などを行う。そして、援助者による調整機能を生かしたネットワークづくりも欠かせない技術である。援助の終結期は、問題が解決したときに終結となる。そのため援助者は、展開期の後半には、援助の終結を視野に入れた援助を行い、利用者が自立できるような態勢を整える。但し、全ての終結ではなく援助過程の一部として捉えられている。
     精神保健福祉士は、精神障害者の特徴や疾患を理解し、自らの力で問題解決に取り組めるよう利用者の不安を受け止め、支持し、助言していくことが必要である。そして、利用者の不満や不安についてもその感情を受け止める役割を果たし、支えていくことが必要である。
     グループワークは、集団に焦点を当て、問題解決のための目的を設定し、援助者がメンバー個人の社会生活能力を回復・強化し、社会生活上の問題解決や成長を図るものである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     精神障害者を対象としたケースワーク、グループワーク、コミュニティワークの過程について説明して述べてください。
     ケースワークとは、社会生活を送るうえで身体的、精神的、社会的な要因により、何らかの生活課題に直面している精神障害者や家族に対して、問題解決や課題遂行を援助するために用いられる援助技術である。ケースワークには多くの理論があり、多くのアプローチが存在する。その相談内容には、社会福祉制度の利用や精神障害者・家族を取り巻く生活環境問題など多種多様にわたっている。
     このような相談活動を展開する中で、中核をなす面接の過程を述べる。展開過程は、①援助の開始期②援助の展開期③援助の終結期の3つに分かれる。援助の開始期は、援助者が利用者と出会い、情報収集による問題の明確化や信頼関係の形成を目指し受理面接を行うインテークと、利用者・専門家・利用者を取り巻く環境などを分析し、問題を見付け解決へ結ぶアセスメント、援助の具体的方法を決め、当面の目標を設定するプランニングがある。援助の展開期は、援助者が利用者とその家族、利用者を取り巻く環境の相互関係へ介入し、各自の代弁を行なったり、情報提供などを行..

    コメント3件

    megu33 購入
    参考になりました。
    2006/11/26 15:59 (10年前)

    tayo 購入
    ありがとうございました。参考にさせていただきます。
    2007/08/26 12:52 (9年3ヶ月前)

    yoshinori 購入
    ありがとうございました
    2007/09/04 22:27 (9年3ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。