ライフサイクルについて

会員5,400円 | 非会員6,480円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,047
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ライフルサイクルは、人間の誕生から死に至るまでの一生の過程をいう。ここでは、思春期・青年期および中高年(成人期)におけるライフサイクルの精神保健ついて述べる。
    思春期は、中高生年齢をさすものとして常用され、学童期から脱した若者が大人へと成長しいく移行期である。自分らしさを確立し、親からの精神的自立を模索していく中で揺れ動く時期であり、様々な精神的問題が生じる。
     近年、子供を取り巻く社会環境の低下が指摘されている。具体的には次のようなことがあげられる。子供とビジネスにおいて、覚醒剤などの薬物乱用が問題となっている。ダイエット目的や遊び感覚で乱用し、新たなビジネスとして携帯電話での密売なども横行している。非行の1つである子供の徘徊や喫煙なども他人への害がない場合には、法の厳守も尊重されなくなった傾向がある。今までの規範が喪失しているが、すべてを旧来からの規範に戻すという時代ではない。子供にも地域の情報を伝え、子供自身が考えていく機会を増やしていくことが重要である。
     メディア体験として、携帯電話やメールの普及により個人の情報コミュニケーションの手段が変遷した。しかし、電話のマナーなどが社会問題化されている。なかでも携帯電話は、守秘性、簡便性、即時性などにより普及したが、相手とつながっていたい共時性の文化を生み出している。そして、インターネットによる一方的な情報の発信、ストーキング行為など悪質な嫌がらせや、出会い系サイトによる犯罪が増加した。その一方で、読書や新聞などの活字離れは進んでいる。読むメディアはインターネットなどの視覚的なものが中心となっており、メディアの有害画像などから子供を守ることが課題となっている。このようなマルチメディア時代を生きる子供にとって、「メディアを選択し、主体的に読み解き、自己発信する能力」と定義されるメディアリテラシーの確立が子供の権利の1つとして重要視されるようになっている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ライフルサイクルは、人間の誕生から死に至るまでの一生の過程をいう。ここでは、思春期・青年期および中高年(成人期)におけるライフサイクルの精神保健ついて述べる。
    思春期は、中高生年齢をさすものとして常用され、学童期から脱した若者が大人へと成長しいく移行期である。自分らしさを確立し、親からの精神的自立を模索していく中で揺れ動く時期であり、様々な精神的問題が生じる。
     近年、子供を取り巻く社会環境の低下が指摘されている。具体的には次のようなことがあげられる。子供とビジネスにおいて、覚醒剤などの薬物乱用が問題となっている。ダイエット目的や遊び感覚で乱用し、新たなビジネスとして携帯電話での密売なども横行している。非行の1つである子供の徘徊や喫煙なども他人への害がない場合には、法の厳守も尊重されなくなった傾向がある。今までの規範が喪失しているが、すべてを旧来からの規範に戻すという時代ではない。子供にも地域の情報を伝え、子供自身が考えていく機会を増やしていくことが重要である。
     メディア体験として、携帯電話やメールの普及により個人の情報コミュニケーションの手段が変遷した。しかし、電話のマナーなどが..

    コメント1件

    mirai0903 購入
    参考になりました。
    2007/10/05 12:24 (9年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。