人間理解の必要性と、面接場面で人間理解を行う際の留意点について

会員5,400円 | 非会員6,480円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数644
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    (1)ストレスを背負う現代社会問題について
     日本経済は今や、右肩上がりの高度経済成長は終わり、低成長どころかマイナス成長の時代を迎えたといわれている。自分たちの生活を守るための最低限の収入を得ようと四苦八苦している状態である。
      加えて、近代化・産業化・都市化の進展により、地域社会の血縁的・地縁的な絆は次第に薄れつつある。この様な地域社会の“希薄化”が進む中で、核家族化はますます進む傾向にある。その結果、家庭生活の助け合いがほとんど無くなり、様々な面で生活への不安は増大する一方となっている。しかも、核家族化により、少子化、老人の独り暮らし、あるいは老夫婦だけの生活といったケースが多くなってきている。
     また、受験競争の過熱は高校生以下の学校教育にも学力偏重の風潮を引き起こし、暗記至上主義、偏差値重視の教育が広まった。そのような中で子ども達は精神的な閉鎖状態に陥り、ストレスを溜めていく。それが結果として校内暴力事件やいじめを多発させ、学校外でも子どもによる傷害事件や致死事件、そして自殺を多発させるに至っている現状である。
     職場でも同様に、窓際族、リストラ、過労死の問題は深まる一方である。原因は、不景気なのも当然あるが、属性的・身体的要因(性差・年齢・学歴背景・体力など)や、心理社会的要因(知的能力・技術的能力・欲求水準・価値観・行動特性・ストレス対処能力・生活出来事など)が関係してくる。
     また、その適応には、職場外の環境要因も関係する。すなわち、家庭環境としての家族・親族関係、生活環境、家族のライフステージ、財力など、また、地域環境としての通勤条件、社会的活動、近隣関係、友人関係などである。
     こうした結果、中枢神経・自律神経系や内分泌系の異常、免疫力の低下、糖分やアルコールやタバコなどへの依存がもたらされる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     人間理解の必要性と、面接場面で人間理解を行う際の留意点について述べなさい。
     (1)ストレスを背負う現代社会問題について
     日本経済は今や、右肩上がりの高度経済成長は終わり、低成長どころかマイナス成長の時代を迎えたといわれている。自分たちの生活を守るための最低限の収入を得ようと四苦八苦している状態である。
    加えて、近代化・産業化・都市化の進展により、地域社会の血縁的・地縁的な絆は次第に薄れつつある。この様な地域社会の“希薄化”が進む中で、核家族化はますます進む傾向にある。その結果、家庭生活の助け合いがほとんど無くなり、様々な面で生活への不安は増大する一方となっている。しかも、核家族化により、少子化、老人の独り暮らし、あるいは老夫婦だけの生活といったケースが多くなってきている。
    また、受験競争の過熱は高校生以下の学校教育にも学力偏重の風潮を引き起こし、暗記至上主義、偏差値重視の教育が広まった。そのような中で子ども達は精神的な閉鎖状態に陥り、ストレスを溜めていく。それが結果として校内暴力事件やいじめを多発させ、学校外でも子どもによる傷害事件や致死事件、そして自殺を多発させるに至っている現..

    コメント1件

    piroricky 購入
    内容の濃いものでした。
    2006/07/24 6:31 (10年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。