心理学の研究法のうち、面接法と質問紙調査法について

会員5,400円 | 非会員6,480円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数3,621
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    (1)面接法について
     面接法(inteviewing method)とは、人と人とが、一定の場所において、直接顔を合わせ、ある目的をもって、主として言語を用い、話し合い情報の交換、意志の伝達、相談、問題の解決などの目的を達するための方法である。この方法は、面接試験、世論調査、カウンセリング、心理療法など幅広い分野で採用されている。心理学の分野では、調査的面接法と臨床的面接法に分けることができる。面接法では、面接者と被面接者(クライエント)との間によいラポール(rapport)が成立していることが基本となる。ラポールとは、面接者と被面接者という二者の間に、防衛的な態度がなく、自由に意志や感情の表現ができ、お互いに信頼し合うことのできる関係が成立することである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     心理学の研究法のうち、面接法と質問紙調査法について述べなさい。
     (1)面接法について
     面接法(inteviewing method)とは、人と人とが、一定の場所において、直接顔を合わせ、ある目的をもって、主として言語を用い、話し合い情報の交換、意志の伝達、相談、問題の解決などの目的を達するための方法である。この方法は、面接試験、世論調査、カウンセリング、心理療法など幅広い分野で採用されている。心理学の分野では、調査的面接法と臨床的面接法に分けることができる。面接法では、面接者と被面接者(クライエント)との間によいラポール(rapport)が成立していることが基本となる。ラポールとは、面接者と被面接者という二者の間に、防衛的な態度がなく、自由に意志や感情の表現ができ、お互いに信頼し合うことのできる関係が成立することである。
    まず面接は、援助者の所属機関の面接室で行われる所内面接と、利用者の家庭で行われる訪問面接とがある。一般的に、面接は利用者と面接者があらかじめ約束したアポイント制で行われ、ゆとりのある時間でなされるのが効果的である。また、受容と共感と傾聴が大切であり、
    聞き上手で..

    コメント1件

    sizu0523 購入
    参考になりました。
    2006/11/07 13:12 (10年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。