自分の問題意識に沿った実験のテーマや方法について

会員5,400円 | 非会員6,480円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数694
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    (1)実験法について
     心理的事象には複雑な要因が絡み合っていることが多く、それを一度に明らかにするのは容易な事ではない。そのため、事象に関わる条件と結果の関係を単純化し明確にすることで捉えやすくすることが必要になる。実験法とは、このような背景の下に導入された研究手法の一つである。実験法とは、他の条件による効果を全て一定に保って、一つの条件のみを組織的に操作し、変化させることで、それに伴う事象の変化を観察、測定、記録する、という方法である。

    (2) 実験法の研究展開について
     実験法の研究目的とは、こうした操作を繰り返し、一つ一つの要因を検証することで、事象を規定する要因を明らかにし、事象に変化を及ぼす関数関係を明らかにすることである。
     実験法を用いた研究では、一般的に、?仮説の設定、?被験個体の選定、?教示(被験者に実験手順の説明を行うこと)による反応の統制、反応指標と測度の決定、?結果の分析と総合、?再び問題設定、といった実施手順となる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     心理学実験法についてまとめ、自分の問題意識に沿った実験のテーマや方法について考察しなさい。
     (1)実験法について
     心理的事象には複雑な要因が絡み合っていることが多く、それを一度に明らかにするのは容易な事ではない。そのため、事象に関わる条件と結果の関係を単純化し明確にすることで捉えやすくすることが必要になる。実験法とは、このような背景の下に導入された研究手法の一つである。実験法とは、他の条件による効果を全て一定に保って、一つの条件のみを組織的に操作し、変化させることで、それに伴う事象の変化を観察、測定、記録する、という方法である。
     (2) 実験法の研究展開について
     実験法の研究目的とは、こうした操作を繰り返し、一つ一つの要因を検証することで、事象を規定する要因を明らかにし、事象に変化を及ぼす関数関係を明らかにすることである。
     実験法を用いた研究では、一般的に、①仮説の設定、②被験個体の選定、③教示(被験者に実験手順の説明を行うこと)による反応の統制、反応指標と測度の決定、④結果の分析と総合、⑤再び問題設定、といった実施手順となる。
     (3)実験のタイプ及び、仮説の設定につい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。