イギリスの社会保障について

会員5,400円 | 非会員6,480円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,428
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    (1)社会保障制度の概要と最近の動向について
     イギリスでは、労働者の互助組織である友愛組合の伝統の下、1911年の国民保険法により社会保険制度が創設され、第二次世界大戦中に出され大ベストセラーとなった「ゆりかごから墓場まで」で有名な、「ベバリツジ報告」により社会保障制度の青写真が示され、戦後、その体系が整備化されていった。
     所得保障としては、?すべての国民を対象とする保険料を財源とする拠出制給付、?租税を財源とし、所得にかかわりなく支給される非拠出制給付、?租税を財源とし、低所得者を対象とした所得関連給付、に大別できる。
     また、医療は税財源で原則として無料の医療サービスを行うイギリス独自の国民保健サービス(NHS)として実施されている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     イギリスの社会保障について、我が国と比較して述べなさい。
     (1)社会保障制度の概要と最近の動向について
     イギリスでは、労働者の互助組織である友愛組合の伝統の下、1911年の国民保険法により社会保険制度が創設され、第二次世界大戦中に出され大ベストセラーとなった「ゆりかごから墓場まで」で有名な、「ベバリツジ報告」により社会保障制度の青写真が示され、戦後、その体系が整備化されていった。
     所得保障としては、①すべての国民を対象とする保険料を財源とする拠出制給付、②租税を財源とし、所得にかかわりなく支給される非拠出制給付、③租税を財源とし、低所得者を対象とした所得関連給付、に大別できる。
     また、医療は税財源で原則として無料の医療サービスを行うイギリス独自の国民保健サービス(NHS)として実施されている。
     (2)年金制度について
     イギリスの年金制度と我が国の年金制度は、ほぼ一緒である。
     義務教育終了年齢を超えるすべての有業者(所得がない、または一定額以下の者を除く)は退職基礎年金に加入する義務がある。被用者の場合には、基礎年金に加え、二階部分の年金として国民保険の国家所得比例年金か..

    コメント2件

    araiarai 購入
    500は高いかなあ
    2007/02/01 15:50 (9年10ヶ月前)

    kurotetsuko 購入
    私も500は高い気がします。
    2007/11/12 20:57 (9年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。