CAD/CAMについて

会員5,400円 | 非会員6,480円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数947
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    コンピュータが設計、製造に利用されてから、数十年が経過した。この間、コンピュータの機能、性能の向上と低価格化、CAD/CAMの要素技術の研究開発、CADとCAMの統合化などが推進され、CAD/CAMシステムは多くの企業に導入された。最近は、解析・シミュレーション、レイアウト設計、NCデータの作成など高度な業務にも利用され、製品の納期短縮、原価低減、品質向上に大きな効果をあげている。CAD/CAMのシステムの処理内容、諸機能は対象とする製品や生産形態などによって異なるが、システム構築の方針としては、?対象とする製品の設計、製造に適した市販システムを導入する。?自社型のCAD/CAMシステムを開発する。?市販システムに自社のノウハウを組み込むことなどが考えられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    CAD/CAMについて
    1 概要
     コンピュータが設計、製造に利用されてから、数十年が経過した。この間、コンピュータの機能、性能の向上と低価格化、CAD/CAMの要素技術の研究開発、CADとCAMの統合化などが推進され、CAD/CAMシステムは多くの企業に導入された。最近は、解析・シミュレーション、レイアウト設計、NCデータの作成など高度な業務にも利用され、製品の納期短縮、原価低減、品質向上に大きな効果をあげている。CAD/CAMのシステムの処理内容、諸機能は対象とする製品や生産形態などによって異なるが、システム構築の方針としては、①対象とする製品の設計、製造に適した市販システムを導入する。②自社型のCAD/CAMシステムを開発する。③市販システムに自社のノウハウを組み込むことなどが考えられる。
     CAD/CAMとは、設計から製造に至る多様な技術活動と、その技術情報の流れをコンピュータを用いて総合的に処理するシステム化技術である。言い換えれば、設計者、製図技術者、生産技術者の仕事の生産性を改善し、意思疎通を効率的に行うコンピュータの利用技術である。
     機械系のCAD/CAMシステムにお..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。