メディア教育

会員5,400円 | 非会員6,480円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数522
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    メディア教育の目的は、現在の学校教育を意識化し、再点検するための契機とすることにある。伝統的な学校の姿や授業の方法論に固執するあまりに方向性を見失っているのが学校教育の現状であるとするならば、メディア教育の学校改革運動としての側面を改めて問い直すことは少なからぬ意味を持つのではないだろうか。そして、教師中心の揃える教育から生徒中心の教育を進めていく必要がある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ビジュアル・コミュニケーション、メディア・リテラシー、学習環境、ティーム・ティーチング、コラボレーション(共同学習)のキーワードを用いて論文を書くこと。
     メディア教育の目的は、現在の学校教育を意識化し、再点検するための契機とすることにある。伝統的な学校の姿や授業の方法論に固執するあまりに方向性を見失っているのが学校教育の現状であるとするならば、メディア教育の学校改革運動としての側面を改めて問い直すことは少なからぬ意味を持つのではないだろうか。そして、教師中心の揃える教育から生徒中心の教育を進めていく必要がある。
     マルチメディア時代が進む中で、欠かせないのがビジュアル・コミュニケーションである。
     ビジュアル・コミュニケーションは、画像や映像を入力、加工、伝達する手段の一般化を通じて更に深化すると考えられる。通信技術や映像技術の発展により、人間がメディアというフィルターを介してコミュニケーションを行なうようになった。テレビやビデオを当たり前のように見て育った世代にとって、人工的な視覚体験はもはや感覚器官の一部のようなものである。画像を一方向のマスメディアだけでなく双方向のコミュニケー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。