企業の戦略と情報ネットワークの特徴との関わり

会員5,400円 | 非会員6,480円
ダウンロード カートに入れる
ページ数13
閲覧数621
ダウンロード数46
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    消費者の欲求を正しく吸い上げて、消費者に充足感を与え、かつ生産者の利益にもなる仕組み、“生産”と“消費”を調和させること、つまり資源の最適配分と消費者の最大満足の課題を果たすことが現在求められている流通改革の目標である。
     戦後のスーパーチェーンの出現もその波にのることを考え、従来の生産者優位の市場体制を消費者主導のもとに変革していくことにあった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    具体的な企業を事例として、その企業の戦略と情報ネットワークの特徴との関わりについて、資料にに基づいて考察せよ。
     
    (1)はじめに
     消費者の欲求を正しく吸い上げて、消費者に充足感を与え、かつ生産者の利益にもなる仕組み、“生産”と“消費”を調和させること、つまり資源の最適配分と消費者の最大満足の課題を果たすことが現在求められている流通改革の目標である。
     戦後のスーパーチェーンの出現もその波にのることを考え、従来の生産者優位の市場体制を消費者主導のもとに変革していくことにあった。
     本来、生産は市場動向を十分考慮しながら行われてきたものであるのは当然であるが、現実には時間的、場所的、感性的ギャップがそこに存在し、必ずしも生産と消費はフィットしなかった。できるだけ市場のニーズに近づき、リスクを排除するために投じられる市場調査コスト、生産したもをとにかく市場に押し込んでいくために投じられる広告、宣伝費やチャンネルへのインセンティブ・コスト、需給ギャップによって生まれる機会損失と、在庫負担投資など、膨大のマーケティング・コストが消費され、それが最終製品に反映されていた。あくまでも小売業者は単..

    コメント2件

    shenlvu 購入
    素晴らしい
    2006/09/19 17:57 (10年3ヶ月前)

    leehikaru 購入
    素晴らしい
    2007/01/17 8:46 (9年11ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。