障害者の自立に必要な社会環境整備とは何か

会員5,400円 | 非会員6,480円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,793
ダウンロード数58
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1,社会環境整備の目的
      リハビリテーションの最終目標は、障害を持っていてもそれを克服し、地域社会の中で障害を持たない健常者とともに、日常生活を営めるようにする事である。その目標を達成するには本人の努力がまず基本にならなくてはいけないが、本人がどんなに努力をしても解決しえない事として、「社会的不利(handicap)」が挙げられる。
      社会的不利は、障害者が地域社会の中で日常生活を営もうとする場合に、様々な形となって現れる。例えば、能力は十分にあっても就職ができない、同じ仕事内容をしながらも給料に差がある、といった職業上の問題として現れたり、もしくは日常生活上にしばしば見られる、いわれなき差別意識から生ずる数々の問題など、形は様々であるが、本来ならば自由でかつ平等であるべきの日常生活が大きく制限されているのが現状である。
      また、何といっても住宅や都市施設などにおける物理的環境の不整備によってもたらされる社会的不利が、最も影響が大きいと思われる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    障害者の自立に必要な社会環境整備とは何か述べなさい。
    1,社会環境整備の目的
    リハビリテーションの最終目標は、障害を持っていてもそれを克服し、地域社会の中で障害を持たない健常者とともに、日常生活を営めるようにする事である。その目標を達成するには本人の努力がまず基本にならなくてはいけないが、本人がどんなに努力をしても解決しえない事として、「社会的不利(handicap)」が挙げられる。
    社会的不利は、障害者が地域社会の中で日常生活を営もうとする場合に、様々な形となって現れる。例えば、能力は十分にあっても就職ができない、同じ仕事内容をしながらも給料に差がある、といった職業上の問題として現れたり、もしくは日常生活上にしばしば見られる、いわれなき差別意識から生ずる数々の問題など、形は様々であるが、本来ならば自由でかつ平等であるべきの日常生活が大きく制限されているのが現状である。
    また、何といっても住宅や都市施設などにおける物理的環境の不整備によってもたらされる社会的不利が、最も影響が大きいと思われる。
    障害が無ければいつでも行ける環境であっても、障害者にとっては、歩道の段差や公共建築物の入口の..

    コメント8件

    chatokunn 購入
    助かりました。ありがとうございます。
    2005/12/14 21:29 (11年前)

    naonao591003 購入
    ありがとうございました
    2006/04/18 13:51 (10年7ヶ月前)

    misogohan16 購入
    参考になりました!
    2006/07/27 20:27 (10年4ヶ月前)

    shoutasasaki 購入
    どうも。
    2006/11/02 14:02 (10年1ヶ月前)

    kiafu467 購入
    ありがとうございました。
    2007/03/10 19:57 (9年9ヶ月前)

    wakabadai 購入
    参考になりました
    2007/06/13 12:03 (9年6ヶ月前)

    akabouzu 購入
    参考になった
    2007/07/23 2:05 (9年4ヶ月前)

    diann 購入
    ありがとうございました。
    2007/10/01 23:17 (9年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。