スウェーデンの社会保障についてその歴史的展開、現状及びその課題について

会員5,400円 | 非会員6,480円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数3,721
ダウンロード数57
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1・スウェーデンの社会保障の歴史について
      スウェーデンの救貧制度は、1847年に救貧令、次いでその後に救貧法が1853年に制定された。だが、いずれも消極的な性格であった。スウェーデンでは1853年の救貧法に至るまで、貧困や障害者に対して、個人の怠惰あるいは過失への天罰だとする見解が一般的であった。従って救貧に対する対応には、「ボランティア精神、哀れみ、そしてキリスト教の救済」という発想が支配的で、自治体が直接行う救貧策の対象は孤児のように極めて限られていた。
      しかし、その後1860年代に起きた飢饉が、この伝統的発想に疑問を投げかけるきっかけとなり、人々の考えが大きく変化した。飢餓は、農業の不振とか天候不順など一過性の要因によるものではなく、どの国も伝統的社会が近代化(特に工業化)する過程で経験する深刻な人口急増等に起因する。ちなみにスウェーデンの場合、イギリスよりも約1世紀近く遅れた産業革命によるものであった。
      18世紀には、コミューンは、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    スウェーデンの社会保障についてその歴史的展開、現状及びその課題についてまとめなさい。
    1・スウェーデンの社会保障の歴史について
    スウェーデンの救貧制度は、1847年に救貧令、次いでその後に救貧法が1853年に制定された。だが、いずれも消極的な性格であった。スウェーデンでは1853年の救貧法に至るまで、貧困や障害者に対して、個人の怠惰あるいは過失への天罰だとする見解が一般的であった。従って救貧に対する対応には、「ボランティア精神、哀れみ、そしてキリスト教の救済」という発想が支配的で、自治体が直接行う救貧策の対象は孤児のように極めて限られていた。
    しかし、その後1860年代に起きた飢饉が、この伝統的発想に疑問を投げかけるきっかけとなり、人々の考えが大きく変化した。飢餓は、農業の不振とか天候不順など一過性の要因によるものではなく、どの国も伝統的社会が近代化(特に工業化)する過程で経験する深刻な人口急増等に起因する。ちなみにスウェーデンの場合、イギリスよりも約1世紀近く遅れた産業革命によるものであった。
    18世紀には、コミューンは、スウェーデン国教協会の運営にも関与することになった。地方行政の..

    コメント7件

    matt1128 購入
    とても参考になりました
    2007/01/08 13:57 (9年11ヶ月前)

    basaro 購入
    .
    2007/01/17 16:58 (9年11ヶ月前)

    khagigi0104 購入
    よかった
    2007/01/30 10:13 (9年10ヶ月前)

    hvidkanin 購入
    参考になりました
    2007/02/15 22:10 (9年10ヶ月前)

    hiyoshi226 購入
    とてもよかった
    2007/03/29 13:20 (9年8ヶ月前)

    yesterday 購入
    うまくまとめてあり勉強になりました。
    2007/04/24 13:38 (9年7ヶ月前)

    autodoa 購入
    ありがとう
    2007/04/30 2:55 (9年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。