民間福祉サービスの組織の運営の現状、課題について

会員5,400円 | 非会員6,480円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,969
ダウンロード数39
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1,民間福祉サービスの時代的背景
      社会保障制度審議会は、平成7(1995)年に「社会保障体制の再構築に関する勧告」を行った。同勧告は、昭和25(1950)年勧告及び、37(1962)年「社会保障制度の総合調整・推進に関する勧告」より、33年ぶり3度目のものである。これは、21世紀の社会保障制度の将来像を内容にしながら、さらに公私の役割分担のあり方について明確にしている。
      同勧告では、「社会保障をめぐる公私の役割を考える場合、公的部門と私的部門が相互に連携して、国民の生活を安心できるものにしていくという視点が重要である。公的部門が対応すべき国民のニーズや満たすべき水準は、その制度の趣旨・目的、他制度とのバランス、一般国民の生活水準、財政の状況等を勘案しながら、各分野ごとに国民の合意を得て決定していかざるを得ない。その際、各分野を総合した視点が必要であるとともに、この決定過程に国民が積極的にかかわっていくことが望ましい」と、総論部分で社会保障をめぐる民間部門の再評価を行っている。
      2,福祉供給システムの類型

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    民間福祉サービスの組織の運営の現状、課題について述べなさい。
    1,民間福祉サービスの時代的背景
    社会保障制度審議会は、平成7(1995)年に「社会保障体制の再構築に関する勧告」を行った。同勧告は、昭和25(1950)年勧告及び、37(1962)年「社会保障制度の総合調整・推進に関する勧告」より、33年ぶり3度目のものである。これは、21世紀の社会保障制度の将来像を内容にしながら、さらに公私の役割分担のあり方について明確にしている。
    同勧告では、「社会保障をめぐる公私の役割を考える場合、公的部門と私的部門が相互に連携して、国民の生活を安心できるものにしていくという視点が重要である。公的部門が対応すべき国民のニーズや満たすべき水準は、その制度の趣旨・目的、他制度とのバランス、一般国民の生活水準、財政の状況等を勘案しながら、各分野ごとに国民の合意を得て決定していかざるを得ない。その際、各分野を総合した視点が必要であるとともに、この決定過程に国民が積極的にかかわっていくことが望ましい」と、総論部分で社会保障をめぐる民間部門の再評価を行っている。
    2,福祉供給システムの類型
    社会福祉サービスを供..

    コメント2件

    rei65 購入
    参行になりました。
    2006/09/11 3:32 (10年3ヶ月前)

    hana1969 購入
    参考になりました。
    2007/07/03 18:03 (9年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。