産業革命期の労働問題と労働運動、及び社会政策について

会員5,400円 | 非会員6,480円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数2,511
ダウンロード数32
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1・産業革命期の労働問題と労働運動
      イギリスでは、1760年から1830年頃にかけて産業革命が行われ、その後、産業資本主義が確立する。産業革命は、手工業的基礎にたつ小規模なマニュファクチュアを、機械と動力を使用する大規模な機械制大工業へと発展させ、社会を本格的な資本主義に変化させた。
      この産業革命期とその直後の時期に労働力が無制限に摩減させられ、食いつぶされてゆき、いわゆる「原生的労働関係」が展開された。すなわち、産業革命を通じてブルジョアジー(資本家階級)とプロレタリアート(労働者階級)に分化してゆくが、この時期にはまだ、労働者階級の自主的運動は萌芽期にあり、力が弱かった。そのため、近代的な労働保護立法もまだ成立せず、資本家はなにものにも拘束されないで、低賃金、長時間労働を中心に労働者の搾取をほしいままにした。そして、資本家階級(ブルジョアジー)の側からは、自由主義に基づく自由放任、自由競争という立場で、国家による救貧税による貧民救済は社会にとって有害無益であるとの批判がなされた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    産業革命期の労働問題と労働運動、及び社会政策について述べなさい。
    1・産業革命期の労働問題と労働運動
    イギリスでは、1760年から1830年頃にかけて産業革命が行われ、その後、産業資本主義が確立する。産業革命は、手工業的基礎にたつ小規模なマニュファクチュアを、機械と動力を使用する大規模な機械制大工業へと発展させ、社会を本格的な資本主義に変化させた。
    この産業革命期とその直後の時期に労働力が無制限に摩減させられ、食いつぶされてゆき、いわゆる「原生的労働関係」が展開された。すなわち、産業革命を通じてブルジョアジー(資本家階級)とプロレタリアート(労働者階級)に分化してゆくが、この時期にはまだ、労働者階級の自主的運動は萌芽期にあり、力が弱かった。そのため、近代的な労働保護立法もまだ成立せず、資本家はなにものにも拘束されないで、低賃金、長時間労働を中心に労働者の搾取をほしいままにした。そして、資本家階級(ブルジョアジー)の側からは、自由主義に基づく自由放任、自由競争という立場で、国家による救貧税による貧民救済は社会にとって有害無益であるとの批判がなされた。
    具体的にスピーナムランド制度について..

    コメント4件

    zukkuri 購入
    参考になりました。
    2006/09/01 0:12 (10年3ヶ月前)

    wakabadai 購入
    参考になりました
    2006/09/28 3:45 (10年2ヶ月前)

    binradio 購入
    いいよー
    2006/12/10 18:58 (10年前)

    mejika777 購入
    ありがとうございました。
    2007/05/23 11:10 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。