社会福祉の法体制について

会員5,400円 | 非会員6,480円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数6,219
ダウンロード数49
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1・法制度の発展の歩みについて
      わが国の社会福祉は、憲法第25条の「生存権」保障の具体的方策として誕生し、この50年余、時代の変化とともに発展をみせてきた。制度的には、「生活保護法」「児童福祉法」「身体障害者福祉法」の福祉3法から、「知的障害者福祉法」「母子及び寡婦福祉法」「老人福祉法」を加えた「福祉6法」体制へと発展、1961年の「国民皆保険・皆年金」体制とあいまって、国民生活の安定向上に大きな役割を果たしている。
      また、51年制定の「社会福祉事業法」(2000年に社会福祉法と改定)は、こうした社会福祉を推進するために福祉事務所・社会福祉法人・共同募金・社会福祉協議会等の法定化を実現している。
      今後は、現代における社会経済の発展、国民生活の向上、急速な少子化・高齢化の進展、社会福祉需要の増大・多様化は、医療保障・年金制度の改革を促すとともに、「介護保険法」の制定、「成年後見制度」の創設など、更なる改革を必要としているといえる。
    2・社会福祉サービスに関わる制度について
      社会福祉サービスについて関わる制度には、下記のような5つの法律としての制定がなされている。
    (1) 扶助法制

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉の法体制についてまとめなさい。
    1・法制度の発展の歩みについて
    わが国の社会福祉は、憲法第25条の「生存権」保障の具体的方策として誕生し、この50年余、時代の変化とともに発展をみせてきた。制度的には、「生活保護法」「児童福祉法」「身体障害者福祉法」の福祉3法から、「知的障害者福祉法」「母子及び寡婦福祉法」「老人福祉法」を加えた「福祉6法」体制へと発展、1961年の「国民皆保険・皆年金」体制とあいまって、国民生活の安定向上に大きな役割を果たしている。
    また、51年制定の「社会福祉事業法」(2000年に社会福祉法と改定)は、こうした社会福祉を推進するために福祉事務所・社会福祉法人・共同募金・社会福祉協議会等の法定化を実現している。
    今後は、現代における社会経済の発展、国民生活の向上、急速な少子化・高齢化の進展、社会福祉需要の増大・多様化は、医療保障・年金制度の改革を促すとともに、「介護保険法」の制定、「成年後見制度」の創設など、更なる改革を必要としているといえる。
    2・社会福祉サービスに関わる制度について
    社会福祉サービスについて関わる制度には、下記のような5つの法律としての制定が..

    コメント8件

    hn830928 購入
    わかりやすかったです。
    2005/11/22 18:17 (11年前)

    yasiro 購入
    読みやすかった。
    2006/01/09 23:22 (10年11ヶ月前)

    koki515 購入
    参考になりました。
    2006/04/10 11:06 (10年8ヶ月前)

    zukkuri 購入
    参考になりました。
    2006/09/01 0:15 (10年3ヶ月前)

    wakabadai 購入
    参考になりました
    2006/09/28 3:44 (10年2ヶ月前)

    merumo 購入
    ポイントがまとまっていてとてもよかったです。また、購入ポイントも手ごろで助かりました。
    2006/11/19 20:41 (10年前)

    sakusaku1402 購入
    参考になりました。
    2007/04/16 22:42 (9年8ヶ月前)

    endymk 購入
    重要な部分がまとまっていて、わかりやすかったです。
    2007/06/17 23:22 (9年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。