乳幼児期から老年期に至るまでの発達の特徴やプロセス

会員5,400円 | 非会員6,480円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,574
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    人の生涯は、春夏秋冬の四季にたとえられる事がある。つまり、人生は単調な時間の流れではなく、折々に節目があるということである。この点、シェークスピアの戯曲「お気に召すまま」は、「7つの年代にわたる幕」によって構成されており、人間は各年代において、様々な役を演じる様に表現されている。この様に、生涯にわたる発達の「周期」(life cycle 生命の循環)はいくつかの段階に分けられ、「発達段階」(developmental stage)として設定される。
      当然の事ながら、誕生したばかりの新生児は一人で生きていく事はできない。周囲の人々から愛され、援助を受けながら育てられていく。やがて食べる、歩く、話すといった一つ一つの能力を身につけていき、少しずつ生活の世界も広がっていく。そして、日常生活のなかでいろいろな経験をしながら、様々な心身の変化をとげ、次第に大人となる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    乳幼児期から老年期に至るまでの発達の特徴やプロセスについて述べなさい。
    人の生涯は、春夏秋冬の四季にたとえられる事がある。つまり、人生は単調な時間の流れではなく、折々に節目があるということである。この点、シェークスピアの戯曲「お気に召すまま」は、「7つの年代にわたる幕」によって構成されており、人間は各年代において、様々な役を演じる様に表現されている。この様に、生涯にわたる発達の「周期」(life cycle 生命の循環)はいくつかの段階に分けられ、「発達段階」(developmental stage)として設定される。
    当然の事ながら、誕生したばかりの新生児は一人で生きていく事はできない。周囲の人々から愛され、援助を受けながら育てられていく。やがて食べる、歩く、話すといった一つ一つの能力を身につけていき、少しずつ生活の世界も広がっていく。そして、日常生活のなかでいろいろな経験をしながら、様々な心身の変化をとげ、次第に大人となる。
    心理学では、この様な心身の変化の事を「発達」(development)という。換言すれば、発達とは、受胎による個体の発生から死に至るまでの間に、現れる心身の形..

    コメント4件

    kurotetsuko 購入
    きれいにまとめられてました。
    2006/05/13 12:43 (10年7ヶ月前)

    hn830928 購入
    参考にします
    2006/06/07 19:51 (10年6ヶ月前)

    barutann 購入
    すごくたすかりました。 ありがとうございます。
    2006/07/12 21:29 (10年5ヶ月前)

    endymk 購入
    わかりやすくてよかったです。
    2007/02/23 20:55 (9年9ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。