児童処遇における個別援助技術について

会員5,400円 | 非会員6,480円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数931
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1, 児童処遇における個別援助技術(ケースワーク)の概要と展開過程
      児童処遇における個別援助技術(ケースワーク)とは、面接や話合いによって、児童本人や家族に対して直接的に働きかけ、児童とその家族の問題を解決するための援助方法である。
      そもそも個別援助技術(ケースワーク)は、心理的・社会的な生活課題を抱えている個人や家族に対して、その課題を解決するために個別的に援助する技術である。ケースワークは、クライエントとケースワーカーとの専門的で信頼的な人間関係のうえに成立する。
      ケースワークを初めて体系化し、「ケースワークの母」とも呼ばれているM.リッチモンドは、「ソーシャル・ケースワークは、人とその社会環境とのあいだに、個別的に、意識的にもたらされる調整を通じて、パーソナリティの発達をはかる諸過程からなっている」と定義づけている。
      ケースワークの援助過程は、一般的には、?インテーク(受理)、?ケース・スタディ(調査)、?社会診断、?社会治療の四つの段階に分けられる。
      ?インテークは、児童及び家族が抱える問題や要求を明確にし、その機関で提供できるサービスについて説明して、援助を受ける意思を確認する段階である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童処遇における個別援助技術(ケースワーク)について述べなさい。
    1, 児童処遇における個別援助技術(ケースワーク)の概要と展開過程
    児童処遇における個別援助技術(ケースワーク)とは、面接や話合いによって、児童本人や家族に対して直接的に働きかけ、児童とその家族の問題を解決するための援助方法である。
    そもそも個別援助技術(ケースワーク)は、心理的・社会的な生活課題を抱えている個人や家族に対して、その課題を解決するために個別的に援助する技術である。ケースワークは、クライエントとケースワーカーとの専門的で信頼的な人間関係のうえに成立する。
    ケースワークを初めて体系化し、「ケースワークの母」とも呼ばれているM.リッチモンドは、「ソーシャル・ケースワークは、人とその社会環境とのあいだに、個別的に、意識的にもたらされる調整を通じて、パーソナリティの発達をはかる諸過程からなっている」と定義づけている。
    ケースワークの援助過程は、一般的には、①インテーク(受理)、②ケース・スタディ(調査)、③社会診断、④社会治療の四つの段階に分けられる。
    ①インテークは、児童及び家族が抱える問題や要求を明確にし、その..

    コメント6件

    tatunoko 購入
    自分の目的の内容と違ったのが残念…
    資料としては良かったと思います
    2006/03/29 23:59 (10年8ヶ月前)

    cobashin 購入
    個別援助技術の援助計画の参考になりました。
    2006/04/11 10:28 (10年8ヶ月前)

    rion41 購入
    参考になりました
    2006/07/09 20:51 (10年5ヶ月前)

    zukkuri 購入
    参考になりました。
    2006/09/01 0:13 (10年3ヶ月前)

    blackbox 購入
    参考になりました
    2006/12/08 21:12 (10年前)

    kazuchi13 購入
    ありがとうございました
    2007/01/06 23:49 (9年11ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。