ライフサイクルの変化

会員5,400円 | 非会員6,480円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,217
ダウンロード数33
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現代社会におけるライフサイクルの変化についてまとめ、それを踏まえて今後の老人福祉はどうあるべきかについて述べなさい。

      現代社会におけるライフサイクルの変化は、急速な高齢化の進歩に伴い様々な形として表れている。
      まず第1に、平均寿命の伸長が挙げられる。平成10年簡易生命表によると、男性の平均寿命が77・16歳で女性が84・01歳である。これに対し、昭和22年と比較すると、男性の平均寿命は50・06歳であり、女性の平均寿命は53・96歳となっている。その結果、男性では22歳、女性では30歳も平均寿命が伸長している事となる。また今後も更に、伸長していくであろう。
      では、なぜ平均寿命がこれ程までも伸長したのであろうか。理由はいくつかあると考えられるが、医療の進歩、食料の量の向上、労働条件の向上、生活レベルの向上等があるといえる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代社会におけるライフサイクルの変化についてまとめ、それを踏まえて今後の老人福祉はどうあるべきかについて述べなさい。
    現代社会におけるライフサイクルの変化は、急速な高齢化の進歩に伴い様々な形として表れている。
    まず第1に、平均寿命の伸長が挙げられる。平成10年簡易生命表によると、男性の平均寿命が77・16歳で女性が84・01歳である。これに対し、昭和22年と比較すると、男性の平均寿命は50・06歳であり、女性の平均寿命は53・96歳となっている。その結果、男性では22歳、女性では30歳も平均寿命が伸長している事となる。また今後も更に、伸長していくであろう。
    では、なぜ平均寿命がこれ程までも伸長したのであろうか。理由はいくつかあると考えられるが、医療の進歩、食料の量の向上、労働条件の向上、生活レベルの向上等があるといえる。
    第2に、家族形態の変化が挙げられる。その中の1つに少子化問題がある。厚生省国立社会保障、人口問題研究所算出によると、合計特殊出生率は昭和45年には2.13人であったが、平成8年には1.43人へと大幅に減少している。我が国の婚姻外での出生率は少なく、有配偶女性の出生児数..

    コメント1件

    hosouti 購入
    わかりやすかったです。
    2005/12/16 11:47 (11年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。