比較教育制度論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数974
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    問 日本は欧米の教育から何を学ぶことが出来るか

     日本の教育が欧米から学ぶべき点、それは、学校選択の自由化・多様化の面である。今現在最も大きな問題になっているのは不登校児童・生徒に対する教育システムである。日本の不登校児童・生徒は20万人を超えているといわれ、もはや既存のシステムでは対応出来なくなっているのが現状である。また、幅広い年齢層や状況に対応した教育機関も整備されておらず、学校選択の自由化・多様化が求められている。

     アメリカでは、1960年代以降、オルタナティブスクール・マグネットスクール・チャータースクールなどの新しいタイプの学校が登場し、学校選択の自由化が進められた。

    日本でも80年代後半以降オルタナティブスクールが登場し、不登校が社会問題化した90年代後半からは多くのフリースクール・フリースペース・通信制サポート校といったオルタナティブスクールが誕生したが、そのほとんどが私立で対象もいわゆる10代の若者を対象としたものであり、アメリカのそれとは明らかに異なった状況である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科目名:比較教育制度論(‘03) 
    問 日本は欧米の教育から何を学ぶことが出来るか
     日本の教育が欧米から学ぶべき点、それは、学校選択の自由化・多様化の面である。今現在最も大きな問題になっているのは不登校児童・生徒に対する教育システムである。日本の不登校児童・生徒は20万人を超えているといわれ、もはや既存のシステムでは対応出来なくなっているのが現状である。また、幅広い年齢層や状況に対応した教育機関も整備されておらず、学校選択の自由化・多様化が求められている。
     アメリカでは、1960年代以降、オルタナティブスクール・マグネットスクール・チャータースクールなどの新しいタイプの学校が登場し、学校選..

    コメント2件

    kazakura 購入
    書式がしっかりしていて模範的なレポートです。
    2006/01/08 11:46 (10年11ヶ月前)

    zxcvb 購入
    わかりやすいレポートです
    2007/01/23 16:18 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。