尺には尺を

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数594
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     「尺には尺を」の中で、最も印象深かった登場人物はアンジェロである。それは、アンジェロが最も人間臭さのある人物だと感じたからだ。この作品は、アンジェロという一人の人間の弱さを描き出している作品であると思う。そしてまた、自分の思うところに従い、自らの信念を曲げなかったイザベラという人間の強さを感じた作品でもあった。一人の女性に恋をしてしまったがために、自らの復活させた法に触れる行為に及んでしまったという男の弱さを感じた。アンジェロという男性は、一見、法に忠実な冷酷な人物であるようだが、実はこの作品の中で最も情熱的な人物であると思う。彼は修道女であるイザベラに恋をしてしまい、兄の命と引き換えに肉体関係を強要する。あれやこれやと都合のいい理由はつけたものの、紛れもなくそれは婚前交渉であり、彼の従う法とは相反する行為である。さらに、イザベラは修道女である。神につかえ、神と結婚した女性を犯すということは、キリスト教的な道徳観からしても許されるべき行為ではないだろう。結局、彼が契りを交わした女性はイザベラではなく、かつての婚約者であるマリアナではあったが、そのような企てをアンジェロは知るはずもない。アンジェロは、自らの押さえ切れない欲望のために法を犯すという本来の彼ならば考えられない行為に及んだのである。「恋は盲目」というが、アンジェロは自分の信念、そして権力者という立場を見失い、むしろその権力を利用して、イザベラを手に入れることを切望したのである

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「尺には尺を」の中で、最も印象深かった登場人物はアンジェロである。それは、アンジェロが最も人間臭さのある人物だと感じたからだ。この作品は、アンジェロという一人の人間の弱さを描き出している作品であると思う。そしてまた、自分の思うところに従い、自らの信念を曲げなかったイザベラという人間の強さを感じた作品でもあった。一人の女性に恋をしてしまったがために、自らの復活させた法に触れる行為に及んでしまったという男の弱さを感じた。アンジェロという男性は、一見、法に忠実な冷酷な人物であるようだが、実はこの作品の中で最も情熱的な人物であると思う。彼は修道女であるイザベラに恋をしてしまい、兄の命と引き換えに肉体..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。