パレスチナ問題の1993年以降の概要

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数582
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1993年のオソロ合意に伴い、94年にガザ・エリコ先行自治協定(カイロ協定)が締結され、ガザとエリコからイスラエル軍が撤退して自治が始まった。1995年、イスラエル軍がエルサレムとヘプロンを除くヨルダン川西岸の主要都市から撤退(再展開)し、パレスチナ人の自治地域が拡大された。しかし同年11月、イスラエルのラビン首相が暗殺され、翌年6月の選挙でリクドのネタニヤフが初めての首相公選で、労働党のペレス候補を破って首相に選ばれた。パレスチナに対して強硬派のネタニヤフ首相は和平プロセスを停止させた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     1993年のオソロ合意に伴い、94年にガザ・エリコ先行自治協定(カイロ協定)が締結され、ガザとエリコからイスラエル軍が撤退して自治が始まった。1995年、イスラエル軍がエルサレムとヘプロンを除くヨルダン川西岸の主要都市から撤退(再展開)し、パレスチナ人の自治地域が拡大された。しかし同年11月、イスラエルのラビン首相が暗殺され、翌年6月の選挙でリクドのネタニヤフが初めての首相公選で、労働党のペレス候補を破って首相に選ばれた。パレスチナに対して強硬派のネタニヤフ首相は和平プロセスを停止させた。
    1999年5月の総選挙で、和平を公約に掲げた労働党のバラク首相が誕生した。このとき、オスロ合意に基づく..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。