事例を通して考える校内暴力

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,622
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    文部科学省によると校内暴力の定義として、従来の(1)対教師暴力(2)生徒間暴力(3)器物損壊に加えて、平成九年度から見知らぬ生徒同士の校外でのけんかや通行人への暴行などの(4)対人暴力の項目を新設。「学校生活に起因して起こった暴力行為」(従来の校内暴力の定義)に限らず、幅広く実態をつかむことにし、名称も「校内暴力」から「暴力行為」に変えた。しかし今回の研究発表において使用する名称としては耳慣れた言葉である「校内暴力」を使用することにする。
    「校内暴力」と一言で言いながらも、上の定義で述べたようにそれは大きく分けて四形態ある。そして、その問題行動の背景にあるものはいじめであったり、その児童が置かれている家庭環境であったり、あるいは教師の態度への反発によるものであったりと実に様々で、別の問題と絡み合って複合的に存在することがほとんどである。手を広げすぎて内容の薄いレポートにならないためにも、一つの事例を取り上げ、それについて検討したいと思う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    今日、少年非行は増加し、その内容は凶悪・粗暴化、低年齢化、そして多様化している。いじめ、不登校、引きこもり…。教師を目指す私たちには見過ごすことの出来ない数々の問題がある中で、今回のグループ研究では校内暴力を取り上げる。
    文部科学省によると校内暴力の定義として、従来の(1)対教師暴力(2)生徒間暴力(3)器物損壊に加えて、平成九年度から見知らぬ生徒同士の校外でのけんかや通行人への暴行などの(4)対人暴力の項目を新設。「学校生活に起因して起こった暴力行為」(従来の校内暴力の定義)に限らず、幅広く実態をつかむことにし、名称も「校内暴力」から「暴力行為」に変えた。しかし今回の研究発表において使用する名称としては耳慣れた言葉である「校内暴力」を使用することにする。
    「校内暴力」と一言で言いながらも、上の定義で述べたようにそれは大きく分けて四形態ある。そして、その問題行動の背景にあるものはいじめであったり、その児童が置かれている家庭環境であったり、あるいは教師の態度への反発によるものであったりと実に様々で、別の問題と絡み合って複合的に存在することがほとんどである。手を広げすぎて内容の薄いレポート..

    コメント3件

    teratera 購入
    考察内容を絞っているため大変読みやすくまとめられた内容だったが、文章に不自然な内容が見られたので残念だった
    2006/07/04 5:33 (10年5ヶ月前)

    57030332ok 購入
    よく出来ていました
    2006/11/13 16:38 (10年1ヶ月前)

    0514123m 購入
    とても参考になりました。
    2006/12/21 0:29 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。