マーケティングとは

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数627
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『売れるしくみを考える』のが、マーケティングの大前提といえる。そもそも消費者と企業がともに満足することを考え、そのことでより多く売るしくみを考え、実行することがマーケティングなのである。会社は利益を追求する集団であるから、会社にとっての満足とはより多くの利益がでる=よりたくさん売れる、ということに他ならない。そこでマーケティングの基本的な概念としては、まず『市場』を把握すること。売り手と買い手がいる場所という意味であり、いずれにせよ、自社のねらう市場を把握することからマーケティングが始まる。その際に重要になる3つのポイントがある。まず『市場の性格を把握する』ことは当然として『競争相手を把握する』ことにも力を注がなくてはならない。それによってポジショニングの位置が変わってくるので、未開発市場に乗り出すかなど基本的な方向性が違ってくる。そして三つ目『自社を把握する』ことは、とくに疎かになりがちなので、意識しておこなう必要がある。つまり市場を知り、敵を知り、己を知ることなのだ。市場の性格を知り、競争相手と自社を把握する目的の一つは、ねらうべき市場を絞り込むためであり、その標的となる市場が『ターゲット市場』とか『ターゲット・マーケット』と呼び、ターゲット市場を定めることを『ターゲティング』という。消費者をいくつかのグループに分け、最も効果の高いグループに的を絞る『市場細分化』などの手法は、主にこのターゲティングを効果的に行うために必要となるプロセスなのである。これがマーケティングにおいて欠かすことのできない4Pのおおもとにあり、4Pとはマーケティングの働きを極端にあらわす、製品・価格・場所・販売促進のマーケティングを構成する4つの要素である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『売れるしくみを考える』のが、マーケティングの大前提といえる。そもそも消費者と企業がともに満足することを考え、そのことでより多く売るしくみを考え、実行することがマーケティングなのである。会社は利益を追求する集団であるから、会社にとっての満足とはより多くの利益がでる=よりたくさん売れる、ということに他ならない。そこでマーケティングの基本的な概念としては、まず『市場』を把握すること。売り手と買い手がいる場所という意味であり、いずれにせよ、自社のねらう市場を把握することからマーケティングが始まる。その際に重要になる3つのポイントがある。まず『市場の性格を把握する』ことは当然として『競争相手を把握する』ことにも力を注がなくてはならない。それによってポジショニングの位置が変わってくるので、未開発市場に乗り出すかなど基本的な方向性が違ってくる。そして三つ目『自社を把握する』ことは、とくに疎かになりがちなので、意識しておこなう必要がある。つまり市場を知り、敵を知り、己を知ることなのだ。市場の性格を知り、競争相手と自社を把握する目的の一つは、ねらうべき市場を絞り込むためであり、その標的となる市場が『..

    コメント1件

    flyaway 購入
    続きがあったら是非宜しくお願いします。
    2006/04/17 17:18 (10年8ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。