法と道徳とは何か

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数13,789
ダウンロード数44
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

                 法と道徳について述べよ
    そもそも法とは、道徳とは何なのか。まず法と道徳との違いを見極めることによって法がより鮮明になると論じておく。法とは俗にスピードオーバーなどの『交通法』や手続き時に必要な金額を記載してある『手続法』や議員の定数などを決めた『組織法』などがある。そして道徳には『宗教』といったものや、心情でお年寄りに席を譲るといったものなどがある。かつて中世では法と道徳は同一視されていた。私たちが暮らす現在では法と道徳が重なり合い、同じものが多くなった。その中には、『人を殺してはいけない』、『人のものを盗んではならない』、『約束は守るべきである』といったような、法でもあり人間の道徳でもあるようなものである。 つまり法には道徳に裏付けられたものとそうでないものの2つがある。
      そこで法の定義を明らかにするために法と道徳の差異について見てゆこう。多くの法学者がその違いについて論じてきたが、代表的な5つを紹介していこう。 まず一つ目、『法は人の外面的行為を規律するが、道徳は人の内心を示すもの』である。人を殺すという意思を持っただけでは、道徳上は非難されても、法的には違法性は見られない。つまり結果が必要なのであり、客観的な外の立場から科学的な根拠が必要なのである。そして二つ目、『法は相手方に対する義務があり、道徳は相手方がいない片面的義務である』。つまり道徳では老人に席を譲らないからといって、罰せられるものではなく、ただ自分の良心や神に対しての義務で特定の相手に対してではない。三つ目として、『義務付けの仕方が異なり、法は返還義務があり道徳は感謝の気持ち』である。借りたものを返すときの義務付けが異なり、道徳は感謝をもってという感情で返すのである。そして四つ目、これは通説であり『法には強制力があり、道徳には強制力がない』。 

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                 法と道徳について述べよ
      そもそも法とは、道徳とは何なのか。まず法と道徳との違いを見極めることによって法がより鮮明になると論じておく。法とは俗にスピードオーバーなどの『交通法』や手続き時に必要な金額を記載してある『手続法』や議員の定数などを決めた『組織法』などがある。そして道徳には『宗教』といったものや、心情でお年寄りに席を譲るといったものなどがある。かつて中世では法と道徳は同一視されていた。私たちが暮らす現在では法と道徳が重なり合い、同じものが多くなった。その中には、『人を殺してはいけない』、『人のものを盗んではならない』、『約束は守るべきである』といったような、..

    コメント4件

    nba5759 購入
    短すぎる。
    2006/01/23 10:49 (10年10ヶ月前)

    1117ikeike 購入
    内容はいいが、短い
    2006/01/31 3:31 (10年10ヶ月前)

    yoshi0817 購入
    goo
    2007/01/16 12:10 (9年11ヶ月前)

    kon7277 購入
    参考になりました。
    ありがとうございます。
    2007/02/06 21:12 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。