道路網における分かりやすさの指標としての探索情報量に関する研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数335
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    道路網における分かりやすさの指標としての探索情報量に関する研究
    不特定多数の人々が訪れる都市において人々が皆、安心かつ速やかに目的地に到達するためには分かりやすい街であることが重要である。人々は目的地までの情報を得るために看板などのサインを利用するが、過剰や不足における混乱もしばしば発生しそれらは必ずしも万能ではない。近年,都市圏では開発による物理的環境の変化が激しくなり、その道路網に慣れ親しんだ者でさえ新しい環境に出くわし戸惑う事も少なくない。建物等、ランドマークから得られる情報が不確かなものになってしまった近年、道路網の基本構造をわかりやすく計画することはより重要になってきている。当研究の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。