環境としての都市を考える

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数404
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    WHO (世界保健機構) ヨーロッパ事務局は、西暦2000年までに (現実には21世紀に)、 「すべての人々に健康を」というWHO全体の戦略を、 ヨーロッパ地域でどう実現していくのかという戦略構想として、健康都市プロジェクトにとりくんでいる。

    都市に注目しているのは、 西ヨーロッパ社会では人口の8割以上が都市に居住していること、旧東ヨーロッパの社会主義諸国やソビエト連邦に属していた国々を含む状況においては3分の2以上の人々が都市に居住していること、都市は経済活動や文化活動の集積地であり、 多様なかたちで人々の健康や環境に影響を与えているという現状を重視しているためである。

    もちろん、 都市に注目しているからといって、農村を軽視しているわけではなく、 Healthy Cityという考え方は、 Healthy Community (健康な地域社会) を意図しており、人々が生活する地域社会をあまねく包括しうる理念、考え方、 政策として提起されているとみるべきである。

    このことは、 健康都市の考え方が、 カナダに起源をもちヨーロッパ社会をこえて世界にひろがりつつあること、WHOにおいても、 1991年の世界保健会議において、工業化諸国だけでなく途上国の都市保健問題への対応手段としても承認され、 1996年の世界保健デーのテーマとしても 「健康な都市」がとりあげられたこと、 ユネスコの文書などでもこの考え方が重視されていることに示されている。

    都市に注目しているのは、 西ヨーロッパ社会では人口の8割以上が都市に居住していること、旧東ヨーロッパの社会主義諸国やソビエト連邦に属していた国々を含む状況においては3分の2以上の人々が都市に居住していること、都市は経済活動や文化活動の集積地であり、 多様なかたちで人々の健康や環境に影響を与えているという現状を重視しているためである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    環境としての都市を考える
    健康都市、 環境都市、 持続可能都市への道 Ⅰ. はじめに WHO (世界保健機構) ヨーロッパ事務局は、西暦2000年までに (現実には21世紀に)、 「すべての人々に健康を」というWHO全体の戦略を、 ヨーロッパ地域でどう実現していくのかという戦略構想として、健康都市プロジェクトにとりくんでいる。 都市に注目しているのは、 西ヨーロッパ社会では人口の8割以上が都市に居住していること、旧東ヨーロッパの社会主義諸国やソビエト連邦に属していた国々を含む状況においては3分の2以上の人々が都市に居住していること、都市は経済活動や文化活動の集積地であり、 多様なかたちで人々の健康や環境に影響を与えているという現状を重視しているためである。 もちろん、 都市に注目しているからといって、農村を軽視しているわけではなく、 Healthy Cityという考え方は、 Healthy Community (健康な地域社会) を意図しており、人々が生活する地域社会をあまねく包括しうる理念、考え方、 政策として提起されているとみるべきである。 このことは、 健康都市の考え方が、 カナ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。