理科教育の変遷

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数2,490
ダウンロード数47
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    わが国における理科教育の歴史的変遷と小学校学習指導要領(戦後)の改変について、それらの目標、内容、指導法を説明せよ(平成10年の新指導要領にも留意すること)。
    明治4年には文部省が設立され、よく明治5年には学制が発布された。同5年には小学校教も頒布された。これによると、下等小学(6~9歳)では、理科的な科目は窮理図解と養生口授、上等小学(10~13歳)では博物、化学、生理であった。これらの科目の教授法は翻訳書を用いて教師が縷々説明する程度で、実験・観察などは行われなかった。
     明治12年、学制実施は社会的困難であるため、これに変わって教育令が出された。教育令は学制に比べて規制が緩かったが、これは行き過ぎであるとして、翌13年に改正教育令が出された。これによって明治14年に「小学校教育綱領」が出された。「小学校教育綱領」では小学校を初等科(1~3年)、中等科(4~6年)、高等科(7~8年)とし、理科的科目は中等科からはじまった。
    博物 中等科4年~5年前期 週6時間 なるべく実物によって動物や植物の名称、部分、性質、効用また、金石の名称、性質、効用を教える。 高等科7年後期 週2時間 
    さらに植物、動物の略説を教える。動物、植物、金石の標本の蒐集を強くすすめる。 高等科8年各期            週1時間 物理 中等科5年後期 週1時間 物性、運動、水、気、熱、音、光、電気、磁気の初歩を教える。簡単な器械等による実地試験を行い理解させる。 中等科6年各期 週3時間 化学 高等科各学年各期 週2時間 火、空気、水、土などについての端緒を開き、次第に非金属諸元素、金属諸元素についての化学説の大要を扱う。実地試料もつとめて行う。 生理 高等科7年後期~8年前期 週2時間 骨格、筋肉、皮膚、消化、血液の循環、呼吸、感覚など児童の理解しやすいものを扱う。実際の観察や模型による理解。緊切の養生法を授ける。  このように、「学制」時代と比べると進歩の様子がみられるが、授業方式はそれほど変わっていない。翻訳書の書物が平易な文章の編集書に変わり始めた程度であった。
     
     明治18年、ドイツ式の教育が採用され、翌19年に「小学校令」が公布された。小学校は尋常小学校(4年間)と高等小学校(4年間)に分かれ、尋常小学校は義務制だった。この時から理科という名称が正式な科目名になった。理科は高等小学校からで、毎週2時間である。内容は規定では「理科ハ果実、穀物、蔬菜、草木、人体、禽獣、虫、魚、金、銀、銅、鉄等、人生ニ最モ緊切ノ関係アルモノ、日、月、星,空気、温度、水蒸気、雲、露、霜、雪、霰、雷電、風雨、火山、地震、潮汐、燃焼、錆、腐敗、ポンプ、噴水、音響、辺響、時計、寒暖計、晴雨計、蒸気器械、眼鏡、虹、テコ、滑車、天秤、磁石、電信機等、日常児童ノ目撃シ得ルモノ」と広範囲にわたっているが、実際には従来とあまり変わりなく、動物、植物、物理、化学、鉱物などの大要を授ける程度だった。
      
     明治24年11月に「小学校教育大綱」が出され、理科の要旨として「理科ハ通常ノ天然物及自然物ノ現象ノ観察ヲ精密ニシ其相互及人生ニ対スル関係ノ大要ヲ理会セシメ、兼天然物ヲ愛スルノ心ヲ養フ」と述べられ、小学校準規則で地球儀、度量衡、博物標本、理科器械を校具として備えることが決められた。
      
     明治33年には「小学校令」の改正が行われた。「小学校令施行規則」で小学校の理科の要旨は「理科ハ通常ノ天然物及自然物ノ現象ニ関スル知識ノ一班ヲ得シメ、ソノ相互及人生ニ対スル関係ノ大要ヲ理会セシメ、兼テ観察ヲ精密

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    わが国における理科教育の歴史的変遷と小学校学習指導要領(戦後)の改変について、それらの目標、内容、指導法を説明せよ(平成10年の新指導要領にも留意すること)。
    明治4年には文部省が設立され、よく明治5年には学制が発布された。同5年には小学校教も頒布された。これによると、下等小学(6~9歳)では、理科的な科目は窮理図解と養生口授、上等小学(10~13歳)では博物、化学、生理であった。これらの科目の教授法は翻訳書を用いて教師が縷々説明する程度で、実験・観察などは行われなかった。
     明治12年、学制実施は社会的困難であるため、これに変わって教育令が出された。教育令は学制に比べて規制が緩かったが、これは行き過ぎであるとして、翌13年に改正教育令が出された。これによって明治14年に「小学校教育綱領」が出された。「小学校教育綱領」では小学校を初等科(1~3年)、中等科(4~6年)、高等科(7~8年)とし、理科的科目は中等科からはじまった。
    博物 中等科4年~5年前期 週6時間 なるべく実物によって動物や植物の名称、部分、性質、効用また、金石の名称、性質、効用を教える。 高等科7年後期 週2時間 
    ..

    コメント2件

    noriwo 購入
    とても参考になりました。
    2007/04/10 11:25 (9年8ヶ月前)

    happyhappy44 購入
    参考になりました
    2007/05/11 10:42 (9年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。