光の帝国「大きな引き出し」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数752
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     この話は実際には存在しないような特別な力を持った「常野」の一族の話です。
     「常野」の一族は皆、不思議な力を持っています。しかし彼等は、その力をあえて隠し、普通の人々に混じってひっそりと暮らし続ける。人とは違う能力を持ったことによって強いられる苦悩を、まだ小学生の主人公「春田光紀」は受け入れられずに疑問を持つ、そんな話です。もちろん、そんな不思議な力は存在するはずはありませんが、もしもそんな力があったならば、どのように生きていくことになるのか?ということを作者は考えたのだと思います。
     まず、どんな人間でも、予知能力や瞬間移動、膨大な記憶力などの特別な力が使えたり、備わっているのならば・・・などと一度は憧れるのではないだろうか?しかし、この話の中でその不思議な力というのは、逆にマイナスな物として書かれています。この話にでてくる主人公「光紀」やその家族は膨大な記憶力を持っている。光紀は小学校四年の後半を迎えようとしていたが、既に江戸時代までの古典を殆ど暗記していた。ある日、百人一首を全て暗記していると得意になって話していた少女に嫉妬します。彼女はあんなに誉められていたのに、なぜ自分は内緒にしていなくてはならないのか。まだ自慢したいという気持ちが強い年頃の光紀にとって、決して納得のいく話ではありませんでした。
     物語を読み終わった後、「大きな引き出し」という題名の意味が誰にでも理解できると思います。この話の中では「記憶する」「覚える」などの変わりに、『しまう』という言葉が何度も繰り返し使われています。光紀の家族は皆、「大きな引き出し」を持っているのです。普通の人間とは比べ物にならないくらいの「引き出し」をもっているので、きっと、この話の題名が「大きな引き出し」なのでしょう。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    この話は実際には存在しないような特別な力を持った「常野」の一族の話です。
    「常野」の一族は皆、不思議な力を持っています。しかし彼等は、その力をあえて隠し、普通の人々に混じってひっそりと暮らし続ける。人とは違う能力を持ったことによって強いられる苦悩を、まだ小学生の主人公「春田光紀」は受け入れられずに疑問を持つ、そんな話です。もちろん、そんな不思議な力は存在するはずはありませんが、もしもそんな力があったならば、どのように生きていくことになるのか?ということを作者は考えたのだと思います。
     まず、どんな人間でも、予知能力や瞬間移動、膨大な記憶力などの特別な力が使えたり、備わっているのならば・・・などと一度は憧れるのではないだろうか?しかし、この話の中でその不思議な力というのは、逆にマイナスな物として書かれています。この話にでてくる主人公「光紀」やその家族は膨大な記憶力を持っている。光紀は小学校四年の後半を迎えようとしていたが、既に江戸時代までの古典を殆ど暗記していた。ある日、百人一首を全て暗記していると得意になって話していた少女に嫉妬します。彼女はあんなに誉められていたのに、なぜ自分は内緒に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。