李陵

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,235
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    ● 李陵の人物像
    弓の名手でもあった名将、李広の孫。漢の武帝に仕える。祖父の血を受け継ぎ、優れた騎射の腕を持つ。更に部下や
    仲間からも厚く信頼されている。
    非常に誠実な人物であり、武帝に忠誠を誓っている。匈奴攻撃の際は、たった5千程の歩兵で8万の大軍を相手にした。
    結果的に仲間の裏切りにより敗北してしまうが、その直前まで李陵は勇敢に、そして冷静に将軍としての役目を果す。また匈奴の捕虜になった後も、いつかは単于(匈奴の王)の首を取って逃げ出そうと企んでいる。ある時、李陵は単于に漢軍に対する相談をされるが、しかし、殺されるのを恐れず、はっきりと断る。

    だが、間違いも重なり、武帝は李陵の家族を殺してしまう。

    この事件を境に武帝への忠誠心は薄れていく。漢に帰る理由も無くなった李陵は段々と単于のずっと変らない態度、
    そして彼の人間性を尊敬するようになる。こうして、李陵は匈奴と共に生きる道を選ぶことにする。

    ● 蘇武の人物像
    漢の中郎将であり、李陵よりも一年早く、匈奴に捕われていた。絶対に敵に屈しないという強い意志を持っている。
    国への忠誠心が非常に強い。

    「ただ蘇武一人は降服を肯んじないばかりか、辱しめを避けようと自ら剣を取って己が胸を貫いた」

    敵軍から辱しめを受けるよりも、自分で自分の命を絶った方が良いという考えを持っている。
    この出来事により、単于は蘇武に惚れこみ、降るように説得するがそれでも蘇武の意志は揺るがない。

    ● 武帝の人物像
    部下に対して、非常に猜疑心が強い。些細なことでも反論されると、裏切り行為とみなし罰する。
    物事をすぐその場で判断してしまう性格。(冷静さに欠ける) 非常に気性の烈しい性格であり、神仙の説を好み、
    方士巫覡の類を信じた。物事を結果として見るだけなので、李陵に対しては失望感。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中島 敦 「 李陵 」                                       
    ● 李陵の人物像
    弓の名手でもあった名将、李広の孫。漢の武帝に仕える。祖父の血を受け継ぎ、優れた騎射の腕を持つ。更に部下や
    仲間からも厚く信頼されている。
    非常に誠実な人物であり、武帝に忠誠を誓っている。匈奴攻撃の際は、たった5千程の歩兵で8万の大軍を相手にした。
    結果的に仲間の裏切りにより敗北してしまうが、その直前まで李陵は勇敢に、そして冷静に将軍としての役目を果す。また匈奴の捕虜になった後も、いつかは単于(匈奴の王)の首を取って逃げ出そうと企んでいる。ある時、李陵は単于に漢軍に対する相談をされるが、しかし、殺されるのを恐れず、はっきりと断る。

    だが、間違いも重なり、武帝は李陵の家族を殺してしまう。

    この事件を境に武帝への忠誠心は薄れていく。漢に帰る理由も無くなった李陵は段々と単于のずっと変らない態度、
    そして彼の人間性を尊敬するようになる。こうして、李陵は匈奴と共に生きる道を選ぶことにする。
    ● 蘇武の人物像
    漢の中郎将であり、李陵よりも一年早く、匈奴に捕われていた。絶対に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。