「砂の女」と「李陵」の比較

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数390
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「砂の女」と「李陵」、この二つの話の最大の共通点、それは自分の知らない異郷に来てしまうという設定である。しかし、どちらの主人公も望んで異郷に来たわけではない。帰れない、逃げられないといった状況に追いこまれてしまうからである。不可抗力の元に主人公たちは新たな土地で適用を強いられる。
     両者とも、最初は自分の目的を持っていた。「砂の女」の主人公の男は昆虫採集をするために砂丘へ向い、「李陵」の主人公、李陵は匈奴と戦うために出陣した。しかし、「砂の女」の主人公の男は村人に監禁されてしまうことになり、李陵は戦いに敗北し、捕虜になってしまう。
     どちらの主人公も捕えられてしまうわけだが、もちろん、両者とも、いつかは逃げ出して戻ろうと考える。「砂の女」の中で男は、必死になって穴から脱出しようとする。いつかは元、自分が居た自由な世界に戻れる事を信じて、様々な手段を使って脱出を試みる。李陵も、いつかは敵である匈奴の王、単于の首を隙あれば取ってしまおうと考えている。ここで、「李陵」と「砂の女」の相違点、それは主人公の脱出を邪魔しようとする者の存在の事だ。それは、穴の中で一緒に生活している女、そして村人達である。女は引き止めようとし、村人は出て来られないように監視している。逆に「砂の女」と「李陵」が違うところ、それは捕まった当人以外への影響である。たしかに、「砂の女」の主人公にも影響はあるかもしれない。例えば、会社を辞めさせられたりなどの例である、これは一見、外部への影響はあるように見えるが、実際は捕まった男本人だけの問題でしかない。これに比べて「李陵」では主人公の前いた場所、捕えられた場所、両者の王、家族や友人など全てを巻き込んだ話になっている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      「砂の女」と「李陵」の比較
     「砂の女」と「李陵」、この二つの話の最大の共通点、それは自分の知らない異郷に来てしまうという設定である。しかし、どちらの主人公も望んで異郷に来たわけではない。帰れない、逃げられないといった状況に追いこまれてしまうからである。不可抗力の元に主人公たちは新たな土地で適用を強いられる。
     両者とも、最初は自分の目的を持っていた。「砂の女」の主人公の男は昆虫採集をするために砂丘へ向い、「李陵」の主人公、李陵は匈奴と戦うために出陣した。しかし、「砂の女」の主人公の男は村人に監禁されてしまうことになり、李陵は戦いに敗北し、捕虜になってしまう。
     どちらの主人公も捕えられて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。