文学作品を読むのがおもしろい、という気持ちを子どもに持たせられるような工夫、手立て

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数400
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    文学作品というのは主として形象的表現によって読者にイメージを描かせ、感動を起こさせるものである。文章を理解し、表現に即して頭の中に豊かなイメージを描き、想像の世界を体験、そしてそこでの感動があるからこそ、「おもしろい」となるのだろう。子どもにそのような気持ちを持たせるには、まず子どもが授業意外でも文学作品に多く触れる機会をつくり、読書習慣を形成していくことで読書に開かれた姿勢をつくるべきである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (第2課題)
    文学作品を読むのがおもしろい、という気持ちを子どもに持たせられるような工夫、手立てと、説明文教材について、筆者が読者に納得してもらうための工夫を子どもに読み取らせるための手立て
     文学作品というのは主として形象的表現によって読者にイメージを描かせ、感動を起こさせるものである。文章を理解し、表現に即して頭の中に豊かなイメージを描き、想像の世界を体験、そしてそこでの感動があるからこそ、「おもしろい」となるのだろう。子どもにそのような気持ちを持たせるには、まず子どもが授業意外でも文学作品に多く触れる機会をつくり、読書習慣を形成していくことで読書に開かれた姿勢をつくるべきである。例えば、絵本などの読み聞かせをおこなったり、朝学活が始まるまでの10分間読書を習慣付ける。これはただ読書をする、本に触れ、楽しむということだけを目的とし、子どもに読書を促しはするが評価しない姿勢で取り組ませたい。そうすることでただ純粋に楽しむということを感じることができると思う。また、学級文庫をつくることで文学作品をもっと身近に感じてもらえるのではないか。さらに、「○月○日は~の日だからこの本」というよう..

    コメント1件

    osa1222 購入
    大変よいと思います。
    価格も安く、文章も確かです。
    2007/07/11 15:00 (9年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。