発達障害の「発達」とは何か。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数930
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     私は発達障害の「発達」を生まれてから死ぬまでの生涯で、自分が余裕綽々で生きるために、葛藤、ゆらぎ、などを繰り返しながら、心技体がバランスよく伸びる力、であると思う。
     人間の発達には感情や精神の発達、技術、能力の発達、身体の成熟という発達がある。人間は何か支障が無い限り年齢を重ねるごとに健やかに成長発達をする。体は大きくなるし、教育を受けることで技能が高まる。それに見合って心の成長発達もする。葛藤、ゆらぎなどを繰り返し発達課題を乗り越えることで物事に対する余裕が生まれる。物事の本質以外は流すことができたりする大雑把さをもてたりする。発達障害は、身体の発達は特に問題はないが技能や心の発達に、特に心の発達に時間がかかってしまう人のことをいうのではないかと思った。
     心の発達に関して、講義の中で取り上げられていたキャスティングの失敗について述べていきたい。健常者は何か特別な状況に置かれていない日常では、無意識のうちに耳に入る情報を選別し必要な情報を選ぶことができる。他の余分な情報を捨てることができる。これは自分の許容量に見合った情報であり、ある意味で余裕の状態であるといえる。しかし、アスペルガー症候群などの人は何気ない会話の場面でも意識する、意識してしまうものがたくさんあり、自分の許容量を超えてしまい、自分に余裕がなくなりそれに耐えられない。あまりに多い情報量なので物事の本質をとらえることができなかったりもする。キーワードを打ち込めばその言葉の様々な意味合いに関する情報が一気に表示されるインターネットの検索機能に近いものがあるかもしれない。器が機械なら耐えられるのかもしれないが、人間の器であるならそれに耐えることは難しいだろう。また、インターネットの検索機能は自分がもっとも必要とするサイトを理解して表示してくれるわけではない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    発達臨床心理学 課題レポート 
                             
    発達障害の「発達」とは何か。自分の考えを述べよ。
    私は発達障害の「発達」を生まれてから死ぬまでの生涯で、自分が余裕綽々で生きるために、葛藤、ゆらぎ、などを繰り返しながら、心技体がバランスよく伸びる力、であると思う。
    人間の発達には感情や精神の発達、技術、能力の発達、身体の成熟という発達がある。人間は何か支障が無い限り年齢を重ねるごとに健やかに成長発達をする。体は大きくなるし、教育を受けることで技能が高まる。それに見合って心の成長発達もする。葛藤、ゆらぎなどを繰り返し発達課題を乗り越えることで物事に対する余裕が生まれる。物事の本質以外は流すことができたりする大雑把さをもてたりする。発達障害は、身体の発達は特に問題はないが技能や心の発達に、特に心の発達に時間がかかってしまう人のことをいうのではないかと思った。
    心の発達に関して、講義の中で取り上げられていたキャスティングの失敗について述べていきたい。健常者は何か特別な状況に置かれていない日常では、無意識のうちに耳に入る情報を選別し必要な情報を選ぶことができる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。