子どもたちにとって性教育はどうあるべきなのか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数731
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    このテーマを選んだ理由は,元来私は性教育のあり方について問題意識があり,それがこの大学に入学した理由の一つだからである。現代は性の低年齢化が進み,性教育の必要性が叫ばれているにもかかわらず社会や家庭は学校に任せきりの状態であり,学校教育の重要性があるにもかかわらず学校現場でも力を入れて取り組んでいるところは少数で,また積極的に取り組んでいる性教育を「いきすぎ」と非難されていたりなど、その現状はあまりいいとはいえないものである。子どもたちにとって性教育はどうあるべきなのか考えていきたい。
     
    1.子どもたちの現状 2001年に行なわれた地方高校生性意識調査によると、高校生の性交を受容する生徒は約八割で,中学生の性交さえも5〜6割の生徒が構わないと考えているという。(日本の若者の性意識・性行動の現状 第4章若者の性移ろいゆく意識とその実態 健康教育の周辺 今押さえておきたいトピックス30 54巻66?2003年)もちろん、性に関する意識・行動は各自様々なレベルである。しかしもはや性に関することは自然に覚えるものという時代ではないことは明らかである。
     
    2.性教育バッシング 性教育の必要が叫ばれている一方で過激で逸脱した内容であると性教育を攻撃する社会の動きもある。学習指導要領にあるはどめ規定をしきりに論拠として引用されてきた。しかし近年はどめ規定の緩和の動向があり、個に応じた指導の充実の方向が明示されてきている。発達段階にあっていないだとか学習指導要領を逸脱しているとはいえないのである。
    バッシングが行われているその背景は新保守主義による国民意思統一である。これは男性優位主義を位置づけ、男女平等、自己決定などを排除するものである。また、メディアによるゆがんだ報道の影響も少なからずある。これは作り手側のポルノ的視点を反映したものである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                   性教育について
    はじめに このテーマを選んだ理由は,元来私は性教育のあり方について問題意識があり,それがこの大学に入学した理由の一つだからである。現代は性の低年齢化が進み,性教育の必要性が叫ばれているにもかかわらず社会や家庭は学校に任せきりの状態であり,学校教育の重要性があるにもかかわらず学校現場でも力を入れて取り組んでいるところは少数で,また積極的に取り組んでいる性教育を「いきすぎ」と非難されていたりなど、その現状はあまりいいとはいえないものである。子どもたちにとって性教育はどうあるべきなのか考えていきたい。
     
    1.子どもたちの現状 2001年に行なわれた地方高校生性意識調査によると、高校生の性交を受容する生徒は約八割で,中学生の性交さえも5~6割の生徒が構わないと考えているという。(日本の若者の性意識・性行動の現状 第4章若者の性移ろいゆく意識とその実態 健康教育の周辺 今押さえておきたいトピックス30 54巻66㌻2003年)もちろん、性に関する意識・行動は各自様々なレベルである。しかしもはや性に関することは自然に覚えるものという時代ではないことは..

    コメント1件

    dejima 購入
    内容が少ない
    2005/12/11 19:39 (11年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。