枕草子 日記的章段以外について自由に論じる

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,921
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『枕草子』には清少納言が出仕した定子皇后周辺の宮廷社会を振り返った日記的章段以外に日常生活や四季の自然を観察した随想的章段(「春はあけぼの」の段はここに分類されるといわれている。)、「虫は」「木の花は」「すさまじきもの」「うつくしきもの」に代表される「ものはづくし」の「類聚的章段」に分けられる。『枕草子』は、自然、人事の万般にわたって多彩な話題を、様々な形式であらわしている。
     まず随想的章段について述べていきたい。
    『枕草子』の冒頭では、現代にも通じる日本人の季節感覚、自然の微妙な移り変わりや人情などがするどい感覚でとらえられ、的確に表現されている。また宮仕えに生きている清少納言の生活と心情も表されている。四季を「をかし」「あはれなり」「つきづきし」「わろし」などの言葉で表されるものは、それらが視覚、聴覚、触覚などの感覚と直結している。また、『枕草子』には「あはれ」について語られることが少ない。それが語られるとすれば、多くは鳥や虫や草などにあらわれる。冒頭の段はそのことがよくわかる段である。清少納言の感性は、教養にまで高められているようにとらえられるものである。この表現は、『枕草子』全体に通じる特徴がある。さらに、風流のことでいえば、秋についてかかれているところでカラスと雁について述べられている。風流という観点からいえば、雁のほうが明らかに風流であるといえる。カラスの風流のランクとしてはかなり低い。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    枕草子 日記的章段以外について自由に論じる
    『枕草子』には清少納言が出仕した定子皇后周辺の宮廷社会を振り返った日記的章段以外に日常生活や四季の自然を観察した随想的章段(「春はあけぼの」の段はここに分類されるといわれている。)、「虫は」「木の花は」「すさまじきもの」「うつくしきもの」に代表される「ものはづくし」の「類聚的章段」に分けられる。『枕草子』は、自然、人事の万般にわたって多彩な話題を、様々な形式であらわしている。
     まず随想的章段について述べていきたい。
    『枕草子』の冒頭では、現代にも通じる日本人の季節感覚、自然の微妙な移り変わりや人情などがするどい感覚でとらえられ、的確に表現されている。また宮仕えに生きている清少納言の生活と心情も表されている。四季を「をかし」「あはれなり」「つきづきし」「わろし」などの言葉で表されるものは、それらが視覚、聴覚、触覚などの感覚と直結している。また、『枕草子』には「あはれ」について語られることが少ない。それが語られるとすれば、多くは鳥や虫や草などにあらわれる。冒頭の段はそのことがよくわかる段である。清少納言の感性は、教養にまで高められているようにと..

    コメント1件

    baku924 購入
    『枕草子』本文の内容をなぞる箇所が全体的に多かったように思う。
    本文内容に触れること自体は悪い事ではないが、それについてもっと個人の分析や自説の展開があると、更に読みごたえのある資料になったのではないでしょうか。
    2007/01/08 15:29 (9年11ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。