「ニーチェ」についての私論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,137
ダウンロード数70
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     現在を生きることの大切さ、それを強く提唱してくれた哲学者がニーチェであると思う。ニーチェ自身の送った生涯は、安定して幸せな生涯とは言いにくい。狂気に侵されて作家活動を止めざるをえなかったという、とても残酷で過酷なものだった。それでも、ニーチェの作品には、古いと感じさせることがなく、まさに現在に見合った力強さを与えてくれる力があると感じさせる。200年近くも前に書かれた言葉であるのに、まさに今にあてはまる考え方、思想を持っていて、時代を先取りして現代を見て書いていたのではないかと思わせる程である。ニーチェが今生きてこの世界を見ていると言われても、信じられるようだ。
     まさに今生きている、ニーチェが紡いだ言葉ひとつひとつに、私ははっとさせられるものがある。その中でも、強く心を捉えられたのが次の文章である。
     もしある友が、あなたに何か悪いことをしたら、こう言うがいい。「あなたがわたしに対して犯したことを、わたしは、許す。しかし、同時に、あなたは、それをあなた自身に対しても犯したのだ。−どうしてわたしに、それを許すちからがあるだろう!」
     これは、『ツァラトゥストラはこう言った』の「同情者たち」の中の一説である。ここでニーチェは、同情することを嫌い、他人に対して恥を持たせることを自分の恥としている。その中でこの部分では、ニーチェが、友情について、大きく捉えて人との付き合い方についてを語っているように思われる。
     この部分を読んだとき、私はまさにはっとさせられた。それこそ子どもの頃から習わされる「自分の嫌なことを他人にするな」という、友達との付き合い方の基礎を、この文章は巧みに表現していると思うのだ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     現在を生きることの大切さ、それを強く提唱してくれた哲学者がニーチェであると思う。ニーチェ自身の送った生涯は、安定して幸せな生涯とは言いにくい。狂気に侵されて作家活動を止めざるをえなかったという、とても残酷で過酷なものだった。それでも、ニーチェの作品には、古いと感じさせることがなく、まさに現在に見合った力強さを与えてくれる力があると感じさせる。200年近くも前に書かれた言葉であるのに、まさに今にあてはまる考え方、思想を持っていて、時代を先取りして現代を見て書いていたのではないかと思わせる程である。ニーチェが今生きてこの世界を見ていると言われても、信じられるようだ。
     まさに今生きている、ニーチェが紡いだ言葉ひとつひとつに、私ははっとさせられるものがある。その中でも、強く心を捉えられたのが次の文章である。
     もしある友が、あなたに何か悪いことをしたら、こう言うがいい。「あなたがわたしに対して犯したことを、わたしは、許す。しかし、同時に、あなたは、それをあなた自身に対しても犯したのだ。-どうしてわたしに、それを許すちからがあるだろう!」
     これは、『ツァラトゥストラはこう言った』の「同情者..

    コメント2件

    kusosyoubai 購入
    ニーチェ思想では人との付き合い方は重要視してない。むしろ高貴な人間の
    孤独がテーマ。
    2006/02/09 21:26 (10年10ヶ月前)

    kfmfw607 購入
    参考になりました
    2007/01/28 15:20 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。