日本とエネルギー問題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,687
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本は非常に天然資源の少ない国であると同時に、エネルギー消費量は世界第3位と、多くの資源が必要となる国でもある。そのため、エネルギーの大部分を外国からのものに依存しており、実に日本のおよそ83.6%ものエネルギーが海外からの供給によるものとなっている。日本の消費している資源のうちわけは、水力4%、原子力13%、天然ガス13&、火力23%、石油47%となっており、エネルギー源として石油に頼っているところが最も大きい。ピーク時に比べれば減ったものの、その依存度は依然として非常に高い。だが石油資源は多くの問題を抱えているものである。
    まず、日本の輸入相手国が主にサウジアラビア、アラブ、イランなどの中..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。