多民族・多言語国家の文化

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数31
閲覧数1,443
ダウンロード数54
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    マレーシア、シンガポール、タイ国。
    マレー人、華人、タイ人、インド人、それぞれに人種は違っても民族が違っても、風俗や風習が違っても、言語が違っても、私たちは同じ人間であり、地球という一つの惑星の同じ住人であるとしみじみと実感できた。

    文化とは、社会構造と対比する場合は、生活の様式や行為のパターンを統御するものと考えられている。文化は、必ずしも見えない文化、意味の体系、経験を秩序づける枠組みの類を指すものではないと思われる。ここでは、文化というカテゴリー自体が曖昧であり、表象化された文化に何を含ませるかは、必ずしも社会の合意はないようだ。
    私がこの論文であげた文化とは、いわゆる芸術などの、見える文化ではなく、庶民の日常的にこびりついた彼らの概念とか文化に潜む構造・動態を主眼とした。私は東南アジアのマレーシア、シンガポールそしてタイを例にしたが果たしてこの東南アジアに共通基層文化が存在していたのだろうか。言語的な類縁関係をたどっていても、共通祖語を考えることは不可能とされている。東南アジアの種族分布はモザイクのように入り混じり、種族の多様性からみても、東南アジアに共通する文化があり得るとは考えない考えないのが普通であろうか。東南アジアの歴史からみても、移民文化の宝庫とも言える地域性をもっているが、移民たちは移住した土地に根付いた既存の文化より移民がすてた自分らが生まれ育った土地の伝統社会や伝統文化にこだわりを持っていた。いや、けっして捨てがたい存在であったはずである。それは、伝統社会を支えてきた先祖伝来の規範であるからだ。
    この3カ国を研究地域として、それぞれの国の歴史、地理、文化、国民、政治の共通性と相違点を通って、文化の多様性のテーマを研究する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    東南アジア諸国  
    マレーシア
     シンガポール
     タイ国 
     マレー人、華人、タイ人、インド人、それぞれに人種は違っても民族が違っても、風俗や風習が違っても、言語が違っても、私たちは同じ人間であり、地球という一つの惑星の同じ住人であるとしみじみと実感できた。
     この3カ国を研究地域として、それぞれの国の歴史、地理、文化、国民、政治の共通性と相違点を通って、文化の多様性のテーマを研究する。
    多民族・多言語国家の文化 ——東南アジア諸国の文化
    多民族・多言語国家の文化
    ——東南アジア諸国の文化
    多民族国家——マレーシア
    地理
      マレーシアの地理的な環境がどうかというと、地図をみるとマレー半島の部分とボルネオ島の北半分の二つから成り立っていることがわかる。
    現地では、マレー半島のことを西マレーシアと呼び、ボルネオ島のことを東マレーシアと呼んでいてマレーシア国内での現地人の呼び方と外国人の呼び方が違うようである。
    面積と人口
    日本:37万平方キロメートル   人口:1億2000万人
      マレーシア: 33万平方キロメートル  人口:1900万人
      マレーシアが人口の点では希薄である、..

    コメント2件

    aaaaa1 購入
    勉強になりました
    2005/11/09 22:34 (11年1ヶ月前)

    juliescfu 購入
    p
    2006/07/04 19:26 (10年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。