ゴシック建築の流れ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数2,151
ダウンロード数41
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ゴシック建築は始まりがはっきりしておらず、12世紀の中頃、シュジェの指導によってサン・ドニ修道院の増改築がなされ、それでゴシックの様式が完成したとされている。ゴシック様式はその後、たちまちフランス・ドイツを始めとしてイタリアを除くヨーロッパ全域に広まった。シュジェは神聖な光に包まれた新しい空間を目指しました。「もっとも光り輝く窓からの驚嘆すべき、絶え間無い光が内部の美しさに染み渡り、教会堂全体が光り輝く」と述べている。同時代人であるシトー修道院の聖ベルナーナが禁欲的な空間を求め、建物を飾る黄金や宝石を攻撃したのに対し、シュジェはきらきらとした空間を追求して、未曾有の建物を実現した。
    ちなみに、サン・ドニ修道院はキリスト教世界と建築空間が劇的に結びついた世界の始まりとされている。 
    このように思想と芸術が一体となった劇的な内部空間を創造してきた。そして、構造と意匠が一体となったデザインという意味では現代では「ハイテク」と呼ばれる現代建築スタイルとの共通点が見られる。
    ゴシックという名称は、ローマ人は軽蔑をこめてつけたもので、北部のゲルマン人、中でも「野蛮なゴート族が集った、やたらとごてごてした醜悪な建物」と言ったことがその由来とつたえられている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ゴシック建築について
    ☆ゴシック建築の流れ
    ゴシック建築は始まりがはっきりしておらず、12世紀の中頃、シュジェの指導によってサン・ドニ修道院の増改築がなされ、それでゴシックの様式が完成したとされている。ゴシック様式はその後、たちまちフランス・ドイツを始めとしてイタリアを除くヨーロッパ全域に広まった。シュジェは神聖な光に包まれた新しい空間を目指しました。「もっとも光り輝く窓からの驚嘆すべき、絶え間無い光が内部の美しさに染み渡り、教会堂全体が光り輝く」と述べている。同時代人であるシトー修道院の聖ベルナーナが禁欲的な空間を求め、建物を飾る黄金や宝石を攻撃したのに対し、シュジェはきらきらとした空間を追求して、未曾有の建物を実現した。
    ちなみに、サン・ドニ修道院はキリスト教世界と建築空間が劇的に結びついた世界の始まりとされている。 
    このように思想と芸術が一体となった劇的な内部空間を創造してきた。そして、構造と意匠が一体となったデザインという意味では現代では「ハイテク」と呼ばれる現代建築スタイルとの共通点が見られる。
    ゴシックという名称は、ローマ人は軽蔑をこめてつけたもので、北部のゲルマン人、中..

    コメント3件

    sappho 購入
    うわべだけの何かからただ写したようなかんじで、内容が薄い。エッセの書式がなっていない。ビブリオグラフィは書式がなっていない。日本語の敬体、常体の使い方をしらない。もう少しがんばって欲しいです。でもところどころは役に立つところもあったのでよかった。
    2006/01/24 9:44 (10年10ヶ月前)

    moanasurf 購入
    参考にします。
    2006/10/25 9:51 (10年1ヶ月前)

    mayuko 購入
    私にとって知りたいことが書いてあったのでとても参考になりました。
    2007/01/22 18:44 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。