ITと住宅に関して

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数267
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    e-Japan戦略を見るとわかるが、今後、日本のさまざまな分野で情報化が推進される。そうして実現される情報化社会では、情報の信頼性や管理といったことが問題となるだろう。ある事柄に関したマスター情報を誰が管理するかということだ。
     現在は、たとえばSNS(ソ\ーシャルネットワーク)におけるユーザーのデータはSNSの運営者が管理をしている。これは、情報を作り出した人がそのマスター情報を管理していない状態である。そうすると、自分が作り出した情報を好きに加工することができない、また運営側の都合によりその情報の運用が制限されたり、勝手に改ざんされたりしてしまう恐れがある。
    このような状況は、個人情報を保護する上でも、また今後より一層一般手の人々がインターネットを介した情報発信をする上でも、避けなければいけない。本来、ある個人に所属した情報は、その人が管理し運用さえるべきだと思う。少なくとも、マスター情報はその人が管理をするべきである。しかし、現在は家庭で情報を蓄積し、それを配信することが出来る住宅はまだまだ少ない。というのも、情報を蓄積し配信するためにはサーバが必要であるが、自宅でサーバを立てられるだけの技術を持った人はなかなかいないし、それだけの設備を初めから完備した住宅はまだないからだ。  
    日本中に高速情報インフラが普及し、ネットワークの管理もある程度の知識があれば出来るようになった今、BlogやSNSという形で多くの人がミヅからインターネット上に情報コンテンツを生み出し、配信をしている。今の段階では一般の人々は、与えられたアプリケーションに従い、どこかの企業のサーバ上で自らの日記や写真をアップする。しかし、今後、自分の情報を自分で管理できる環境が整えば、人々は借りたサーバに自らのデータを上げることをやめるだろう。そして、これらさまざまな個人関連情報の管理を個人で行う社会では、各家庭にサーバに当たるようなデータ管理装置が設置される必要がある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ITと住宅に関する論文
    1.概論
    e-Japan戦略を見るとわかるが、今後、日本のさまざまな分野で情報化が推進される。そうして実現される情報化社会では、情報の信頼性や管理といったことが問題となるだろう。ある事柄に関したマスター情報を誰が管理するかということだ。
     現在は、たとえばSNS(ソーシャルネットワーク)におけるユーザーのデータはSNSの運営者が管理をしている。これは、情報を作り出した人がそのマスター情報を管理していない状態である。そうすると、自分が作り出した情報を好きに加工することができない、また運営側の都合によりその情報の運用が制限されたり、勝手に改ざんされたりしてしまう恐れがある。
    このような状況は、個人情報を保護する上でも、また今後より一層一般手の人々がインターネットを介した情報発信をする上でも、避けなければいけない。本来、ある個人に所属した情報は、その人が管理し運用さえるべきだと思う。少なくとも、マスター情報はその人が管理をするべきである。しかし、現在は家庭で情報を蓄積し、それを配信することが出来る住宅はまだまだ少ない。というのも、情報を蓄積し配信するためにはサーバが必..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。